社交界の正しいドレスコード10+種類 

社交ダンスパーティに限らず、社交界デビューを果たそうというとき、ドレスコードを知らずに参加してしまう事もあるでしょう。特に男性は、普段から意識をしないことも多いため、なかなか意識が難しいことも多いようですが、男性こそ、第一に教養が問われるのが、「身のこなし」です。 さて、ここでは、正しいドレスコードをご紹介します。今度のイベントでご活用ください。 外交儀礼とは? 「セミフォーマル」と聞けば、貴方は、お仕事帰りの服で参加してしまいませんか?ドレスコードはただのおめかし。そう思っていませんか?それは大変な勘違いで、イベント主催者への無礼ともなります。 日本では、ドレスコードの正式な決まりをしっかりと認識していない方は非常に多く、そういった教養の教育がなされていません。 国と国の交流においての礼儀とも言えます。これには、流派があるわけではなく、国ごとに決められたマナーがあります。「プロトコール」とは、「マナー」を超えた、人と人の思いやりの交わしのようなものです。 だからこそ自分自身で勉強しておかなくてはいけないのが、「プロトコール」=外交儀礼です。 ドレスコードとは、主催者や他の参加者に敬意をはらった、イベントの服装においての礼儀です。 パーティでの服装は、「格」とのバランス 女性も男性もまず気をつけなければいけないことは、服装です。 主客のバランス 主催者よりやそれぞれの夫人よりも華美にならない 同伴者とのバランスも重視 ドレスコードの種類 フォーマル: 正装で、同伴者同士が同じ格であること ホワイトタイ: 第1礼装 男性は燕尾服、女性はローブデコルテやイブニングドレス、着物 着物は未婚女性は大振袖、既婚女性は色留袖 ブラックタイ: 男性はタキシード、女性は同格のイブニングドレス、着物 着物は、未婚女性は中振袖、既婚女性は絵羽柄 **IDC. Tokyoの1月27日のイベントは、この、3,ブラックタイが正式なドレスコードです。 イベントの詳細 通常の社交ダンスパーティは、第1礼装が求められます。 インフォーマル インフォーマルでもカジュアルではないので、「略礼装」を着用 平服 決して普段着ではない。男性はダークスーツ、女性はワンピースやブラウスとスカート 平服でも、主催者の意向で「スマートカジュアル」等のおしゃれを要されることもある 日本で一番良く見られる傾向が、この「平服」をインフォーマルイベントへ着ていってしまう傾向です。 平服は非常にカジュアルですので、パーティの趣旨をしっかりと把握する必要があります。 宝石の身につけ方 「時間」と「年齢」により選びます。 昼間は半透明なもの 夜は輝きの強いもの 年齢を重ねれば、大きくランクを上げた宝石とし、若い女性は、あまり豪華なものを身に着けないのが上品です。 着物は、着物自体が華やかですので、アクセサリーは華美にせず、ドレスは、アクセサリーが主体となります。 男性のドレスコード 男性は特に、教養や階級を問われるのがドレスコードの知識と振る舞いです。 昼 正礼装 モーニングコート 格調高い式典などで、主役、それに準ずる人が着用 1つボタン、黒の共生地の上下とベスト、縞のズボン シャツ:白いウィングカラー、 ネクタイ:白黒の縞柄かシルバーグレーの結び下げ 準礼装 ディレクターズスーツ 一般的な昼の慶事に最適 ジャケット:黒、ダークグレー、濃紺の無地 ベスト:明るいシルバーグレー ズボン:明るめのグレーでストライプ柄 ブラックスーツ 昼夜問わず着用 ベスト:着用時はシルバーグレー系、色柄もOK … More 社交界の正しいドレスコード10+種類