イベントは社交の場 周りに配慮し気持ちよく

In the case of social gatherings and other meetings, there are absolute etiquette etiquette.

良いゲストになりましょう。良いゲストとは、一緒にイベントを美しくし、成功させる人です。イベントの成功は全てゲストにかかっています。そして、良いゲストとされた人は、イベントに招待され良い扱いを受けられるようになります。

イベントのゲストは「お客様」ではありません。ホスト(主宰者)に配慮し、ゲストの役割をこなす事が、正しい振る舞いです。

決してホストに無駄な仕事をさせたり、わがままに振舞ったり、イベント自体の内容を変える事を求めず、丁寧に振舞い、イベントを成功させる事が、ゲストの役割です。また、より良い振る舞いができれば、主催者からも気に入られ、自分自身にとっても良いイベントとなる事でしょう。

このくらいの事は、知っていて当然のため、教えてくれる人はいません。しかし、日本では、社交の場は単なる遊び場と認知され、家庭内や学校、会社で教えてくれた人はいたでしょうか?社交の場は、立派な社会人の嗜みの場所です。

マナーを守って、失礼のないように、周りに迷惑をかけないように、そしてそれで自分を幸せにできるように、気持ち良い時を一緒に過ごしましょう。

「社交界講座」では、国際的にも通用する振る舞いを学べるので、国際的な常識を学び、ワンランク上を目指す方にはおすすめです。また、全くわからない方は、マナー講座の受講が必須となります。

以下は、講座で教えている事も含まれ、非常に有効となります。

イベントでの振る舞い方・マナー・心得

招待状

招待状とは必ずしも「無料招待」ではない(「御招待」を「無料」と認識するのは、間違った考えです 確認しておきましょう)

招待状にはルールがあり読み方を知ると良い(講座にて)

内容を確認し、不明点は主催者に早い段階で質問する

主催者は、配慮をして招待をしているため、「私をお招きいただき、ありがとうございます」という気持ちを忘れない

招待を受け取り、「売られている」と感じる、またそれを発する事は失礼にあたる

誘って欲しいと伝えて誘っていただいた場合、その言葉に責任を持つ(断る場合も配慮する)

イベントの内容が好きではない場合、それを伝えても良い(言い方に気をつける)

「素敵なイベントにご案内ありがとうございます。私の好みではないので参加を控えさせていただきたいのですが、ご盛会をお祈りいたしております。」など

自分の好みや都合を知らせておけば、主催者も配慮がしやすくなる

返事

返答はなるべく早くしておく

不参加が決まっていれば早めに伝える

48時間以内は基本、必要であれば、「いついつまでにお返事をします。」と伝えておく

自分の都合を主張しない

相手がいつまでも待ってくれるとは思わない

自分だけは特別だと思わない

返答内容が余り長文だと主催者も困るため、簡潔に配慮し文章を心がける

断りの理由は、特には必要はない 「他の用事がある」程度でも充分 ホストの気持ちを配慮する事

イベント内容の質問はしても良い 質問の質に気をつける

アレルギー素材は、「必ず」伝える 絶対に当日伝えない(当日の手配は迷惑となる)

返事を間違えれば二度と誘われなくなる事を知っておく

友人の誘い

ゲストを呼んでも良いかを確認する

「ゲストを呼ばせていただいてありがとうございます」という気持ちを忘れない

間違っても「自分が呼んでやる、人を集めてやる」ような態度はNG

主催者のためにむやみにゲストを集めようとする事が迷惑につながる

ゲストがそのイベントに合うかどうかはじっくりと考える

人の紹介は、人間関係に敏感に関係するため、一番慎重に行い、軽々しく考えない

呼ぶ場合には、全て自己責任で行う 責任転換はご法度

イベントの趣旨と内容と条件を全て伝え、ホストの代わりにゲストをケアする

伝え漏れでの責任は主催者は追わない事を知る

自分のゲストへの特別対応は求めない

主催者はそれに関与しない事を納得する

ゲストへの案内を自ら作る場合、主催者へ内容を提示し、承認を得なければならない

紹介手数料は、オファーされない限りはない それを尋ねる事は無礼とされる

無断でマージンを載せた販売は 規約でも禁止であり マナーにも違反する

ゲストへの返金に関する条件は、他のゲストと同様であり、特別配慮はしない事が普通である事を知る

ゲストを招きっぱなしで全てを投げない

自分のゲストに責任をもつ

Dress code

ドレスコードの基礎を知っておく(講座にて)

基本的な事は質問しないでも入られる方がより良いので普段からできたらより楽しめる

ドレスコードの知識や着こなしは、その人自身を表す

着ているものは、その人のメッセージ

何を着ていくべきかは、重要な点であるため、必ず確認する

わからない場合には、主催者に確認する

ドレスコードを意識する事は主催者への配慮なので、たくさん質問をしても良し

イベントの趣旨にあった着こなしは、イベント参加において非常に重要である 地味になりすぎない事

ドレスコードがわからない方は、レッスンをすすめる

レンタルした場合、信濃状態を傷つけず、丁寧に返却する レンタル業者に迷惑をかけない 予約は余裕を持つ

前日・当日

当日の連絡は、主催者は準備中なので忙しく迷惑となる 前日までに確認しておく事

場所の確認・時間の確認・ドレスコード・受付の確認など

当日の遅刻の連絡を主催者にしても邪魔となることが多いため、電話ではなく メッセージをし、スタッフがいれば、スタッフに連絡

遅れた場合には、そっと入る

当日は、準備に迷惑がかかるため、早すぎもNG 遅れて良いイベントと遅れてはいけないイベントがあるので確認が必要

受付・挨拶

イベントの受付は、綺麗な状態で向かうため 会場へ荷物を預け 身支度を整えた状態で受付へ向かうことが好ましい

招待状・必要に応じてご祝儀・参加費用(現金おつりなし)花などを用意しておく

出演者に渡す花の渡すタイミングは、受付・司会 に確認する 花を渡せないイベントがあれば 閉会まで待つ

受付では決められたように並ぶ 割り込まない

受付後に会場へ向かう時に、レシービングラインがある場合には、並ぶ 飲み物を持つ事は許される

ホスト・ホステスに必ず挨拶をする

「お招き頂きありがとうございます」

と伝える

長い話・その場の写真はあとが詰まるため避ける 跡がつまらない、またはオファーがあれば写真などは可能 (その後はチャンスを見ることが難しい)

会場内へ入ったら、すぐに席へはかけず、社交を楽しむ (一旦かけても、立ち上がって交流)

化粧室は会場に入る前に済ませておく 食事中に立つ事は 悪いマナー

席着席 テーブルマナー

テーブルマナーを知らない場合、レッスンを受ける事

携帯電話はマナーモード テーブルに出さない(テーブルを美しく保つため)写真用であれば、膝の上か後ろ

テーブルマナーに沿った正しい食事マナーでテーブルを美しく保つ

姿勢をよく 肘をつかない 猫背や犬食いはNG

両側の人と話す (片方ずつ)テーブル全体でも良い

食事中立ち歩かない

女性はワインボトルを持たない 男性が扱うもの

男性は隣の女性に配慮する

音に注意する

会話に注意する

鑑賞

アーティストに配慮する

好き嫌い関わらず鑑賞を楽しむ

鑑賞中に大声で話さない

カメラ・動画の撮影は許可されない限りは絶対禁止

出入りは控える

花束は、前もって渡せるタイミングを聞いておく 勝手にステージへ行かない

パフォーマーの挨拶時は簡単にする

パフォーマーに個人的な連絡先を聞かない

会話・社交

会話のマナーに自信がない場合、レッスンを受ける

積極的な会話は良い社交の振る舞い

一人で携帯をずっといじっているような事は絶対にしない

一人になっても笑顔で過ごす

中身のある会話が好まれる

良い会話 悪い会話を知る

知り合いだからといって、話に割り込まない

いきなり肩を叩いたりして会話の邪魔をしない

相手の様子を伺ってから話しかける

話の内容に注意する タブーを知る 個人的な事、政治、宗教はNG

ワイン、アート、音楽、歴史、本、映画 などの教養ある話をする

女性の前で、男性特有の話をしない(性的な話は絶対にNG)

女性へ年齢、結婚ステイタス、子供がいるかなど聞かない

年収や儲け話はNG

国際交流では特に下品される 企業名やステイタスに頼る会話や自慢話

社交ではビジネスの話は通常しない

化粧室

コースの間は、離席しない事が良いマナー

必要な時には目立たないように

ワイン・ドリンク

シャンパーニュでの乾杯の時には、フォーマルなイベントではグラスを合わせない事が通常(プロトコールによる)

ワインは男性が扱う

無理して飲む必要はない ソフトドリンクへの変更はスタッフへ

楽しむ事は良いこと 飲み過ぎに注意

社交会でのNG行動をチェック

https://youtu.be/xO6TMZ43pjc

同じ内容のブログ https://icpa-in.com/archives/1872

帰り・翌日

ホスト・ホステスに挨拶をして失礼する

挨拶後に居残らない

長い事居残らない

会場の邪魔にならない

翌日にお礼のメッセージを送る

手紙やカードだとなおさら良い

手短に無駄な用件を入れない

次に繋げる


Manners in Japan Dos & Don't

Knowing your manners will take everything in the direction that suits you best. Manners are not only a guideline for others, but also a guideline for you to spend your days comfortably.

For deeper learning, our school has a "manner course", which is divided into those for foreign nationals and those for Japanese. It is recommended because it will be a highly valuable course. First of all, let's refer to the list below.

Good manners Dos

  • Say hello to anyone
  • Speak in honorifics with anyone
  • Follow the rules
  • Dress clean: Perfumes are not preferred
  • Keep a distance from others
  • Align shoes
  • Cleanly use changing rooms and rest rooms
  • Wipe the water after using the dressing table
  • Things to put away
  • Don't take up too much space
  • No noise when opening and closing the door
  • Handle things with both hands
  • Always care about "around" and act
  • Be careful not to bother others
  • Follow the rules because they are for others
  • Thank you if you are warned
  • Receive gifts carefully and open them carefully
  • Gifts may be refused. Even if they are refused, there are circumstances, so if you do not receive them personally, giving too many gifts may be a nuisance and may be mistaken for a bribe, so be careful. It is good if there is a reason such as, but it is preferable to give a thank-you gift on the first day of the lesson, but it is not essential.
  • Give up your seat, especially for the elderly, disabled and pregnant women
  • Observe rules and etiquette with stickers, such as train etiquette
  • Keep track of how you behave at the event
  • According to the rules, good manners are to say hello face-to-face, even if it is possible by email.
  • Do your job well so as not to bother others

Bad manners Don't

  • Don't say hello
  • Ask for greetings from others even though you don't say hello
  • Talk with a tame mouth even though I'm not a friend
  • Don't follow the rules and complain about the rules
  • Unclean clothes, too flashy, uncomfortable, etc.
  • Not enough respect for others
  • I don't have shoes
  • Do not use the changing room or rest room cleanly and move according to your own rules
  • How to use the dressing table is dirty
  • Don't store things
  • Take up too much space
  • Doors are noisy to open and close
  • Handle things roughly
  • Be selfish and don't think about things around you
  • It's okay to bother others
  • Illegal acts that do not follow the rules
  • Be careful and complain
  • I don't know gift manners
  • Gifts may be refused. Even if they are refused, there are circumstances, so if you do not receive them personally, giving too many gifts may be a nuisance and may be mistaken for a bribe, so be careful. It is good if there is a reason such as, but it is preferable to give a thank-you gift on the first day of the lesson, but it is not essential.
  • Don't give up your seat
  • Ask unnecessary questions and complains without observing the rules and manners with stickers such as manners in trains
  • I don't know how to behave at an event
  • Behavior that causes any inconvenience to others
  • It's rude to quit while complaining
  • Do not create unnecessary work for the other party