素敵なチームが加わりました。ウェディングダンスは西洋では当たり前 社交ダンスは紳士淑女のお嗜み

IDC.Tokyoのパッケージであるウェディングダンスのパフォーマンスを、3月15日に披露してくださいますのは、新しくIDC.Tokyoのチームに加わった、ニキータ先生と、新しく仲間に入った、ICPA国際教養講座上級の木下さんです。

初心者としてのウェディングダンスですが、今回は、上級者の振り付けも入り、初心者としてはレベルの高いパフォーマンスになります。

新しいチームのニキータ先生は、ワインのスペシャリスト、女性をワインの様にエスコートするその姿に、惚れ惚れします。

ニキータ先生も「社交ダンスは上品なお嗜みだからマナーのレッスンがあることが素晴らしいですね」という事でチームに参加しました。

まるで、絵本から出てきたような美しく上品な紳士です。

ご披露は、3月15日の「八芳園」での周年舞闘会にて。

ウェディングダンスって?

西洋ではウェディングにはダンスがあるものなのです。日本でやらないなんて、もったいない!とても素敵です。

関連記事

  1. チャペルでダンス?ウェディングダンスで特別な日を飾る時代 女性がもっと…

  2. 銀座社交ダンスIDC.Tokyo 2周年記念舞踏会 日本で新しい最高の…

  3. 社交ダンスと国際マナーの心を教えています。

  4. 社交ダンスは国際教養・礼儀であり 娯楽ではない

  5. 夢の社交界デビュー:ダンスの王-ウィンナ・ワルツ Viennese W…

  6. 子供向け社交ダンスとマナーでお子様にも国際教養を身につけられます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。