知らないとイタイ女性にありがちレディファーストの誤解

<レディファーストの女性の誤解>

「レディ」とは、その称号通り、

全ての女性を指すことではないので、

その知識なしに、男性に「レディファースト」

ばかり求めるのは、

また「レディ」としては

なっていないこととなりますね。

「レディ」とは、十字軍時代に、

館を一人で切り盛りしていく女性に称号をつけたもの。

館主がいなくとも、女性が自立し、リーダーシップをとり、

館を守る立場の女性であり、

また、その「レディ」にふさわしい嗜みを求めたもの

それが「レディマナー」です。

レディーファーストをされるにふさわしい女性なのか。

それも大切なポイント。

「レディファースト」=「お姫様扱い」=

「わがままが通る」ではないのですよね。

女性も自立をし、自尊心を大切にしているからこそ、

自尊心を大切にしている女性を男性が大切に扱わなくては

、と行動することが、「レディファースト」ですね。

確かに、「女性を大切に」でも、

女性も「大切にされる女性」

でいなければ、そもそもフェアでもないですしね。

ですので、

女性もしっかりと学ぶ必要があるのです。

単純に「レディーファースト」して、ではなく、

自立した考えがあってこその、「レディファースト」なのですね。

そして、男性を生むのも育てるのも女性、であれば、

女性自身が自立をしていないと、

「紳士」を育てることもできない。

そういうことなのですね。

「女性を甘やかせる」ということは、

女性を大切にしているわけでも

レディファーストでもないのですね。

 

関連記事

  1. 社交ダンスも経験が大事

  2. 社交ダンスを始めたい!最初に買う道具と費用は?

  3. 子供向け社交ダンスとマナーでお子様にも国際教養を身につけられます

  4. 社交ダンスのパートナー関係と恋愛関係 その2

  5. 社交ダンス、男女の上達のスピードに違いはある?

  6. 夫婦円満になりたい?社交ダンスの趣味が1番

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メール登録 Email Letter

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

811人の購読者に加わりましょう