Mari 日記:社交界マナーとは思いやり所作

マナーの勉強をすればするほど面白く、「どうしてこんなにもしきたりやマナーを知らない人が多くなっているのだろう」という疑問に答えが出てきます。

「形式」ではなく「思いやりの形」である「マナー」がしっかりと現代に教えられていないから。でも、素敵なことだなとか案じるのが、

「世界共通マナーの思いやり」

秩序
頂いたらお返しする
敬意を払う
異文化への理解
女性に優しく

4月スタート予定のプロトコールマナーレッスンでは、そんな、普通では教えてもらいない、インターネットでは公開されない、規定に沿った、国際マナーの勉強会を行います。

例えば挨拶の仕方

日本:目を伏せて、胸をかがめる

欧米:直立し、目を合わせて 胸を張る

それがどうしてこうなっているのか?

それをちゃんと理解することができるため、相手によって使い分けすることができるようになってきます。

他に、日本人はしらない、握手の方法、自己紹介の方法、交流会での振る舞い方、など。

大切なことですよね。「他人をおもいやる」って。

私がどうして社交ダンスをはじめたか?

それは、

「社交ダンスで思いやりを持てるようになる」

そんな言葉に惹かれたからです。

社交ダンス始めるならここ

一周年記念パーティ1月27日

関連記事

  1. 社交ダンスと出会い

    社交ダンス若い世代がいない? 嘘嘘、今やらないでいつやるの?

  2. 都心よりアクセス 社交ダンス練習場オススメ8選!

  3. どうやって閉鎖的な社交ダンス社会ができたの?

  4. 改正後の風営法が与える社交ダンス界への影響

  5. 国際社交会で一番大切な握手、間違っていませんか?社交ダンスと社交会 素…

  6. 風営法改正による社交ダンス界 への影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Email Magazine

Get the latest news and information direct from us to you!
素敵なメールマガジンを受け取れます

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

808人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。