男性と女性の役割・本能・目的の違いは社交ダンスの役割にそっくり

「社交ダンスは、女性がするもの」そう思ったことはありませんか?ただ、男女が必要な社交ダンスですから、それは、非現実的なイメージともいえます。

そして、男性へ託される役割が沢山あるためか、意外な面白さもあり、仕事ができる人ほど、社交ダンスを習っています。

社交ダンスを踊っていると、男女には役割はあっても差別がないことがわかります。それが明確となるため、仕事ができる人がダンスの良さを感じていきます。

女性と男性は脳のつくりが違う

女性は、男性よりダンスや言語の上達が早いと言われていますが、実は、男性はその分すべき事が多いため、単純な役割分担である考えが、よりいかせることでもあります。

異性を理解できずに、お互いに比べて大変な思いをしてる人が多いようですが、実際は、異なる生理現象を変えることはできないため、違うと思っているほうが上手くいくことが多いかもしれません。

身体の作り

当然ながら、男女は身体の作りが全く違います。内臓の位置や、骨の形、贅肉のつき方や、基礎代謝、筋肉量、全て違います。

見えないので余り知られていませんが、男女の脳は違います。その事については、こちらに書きました。

女性脳、男性脳の違い 社交ダンス は女性の上達が早いってホント?

ですので、体の作りが異なる人が、同じ機能を持っているとはなかなか考えづらいものです。

感覚の違い

視界の違い

男女では、見えている物が違うそうです。男性は1点を見る集中力に優れていて、女性は全体をバランス良く見ているそうです。

それは、脳の働きの違いも理由の一つで、生物学的に見えている視野が異なることは、男女の視点の違いにも繋がります。

右脳の働きの違い

女性は感情で物事を決めるといいますが、それは右脳が発達しているからともいえます。右脳は感情を左右し、感覚を働かせます。

女性は、論理的に感情で行動するとも言え、また、動物的な守りの勘を働かせるので、よく嘘もつきます。

感情の違い

男性は、悩んだときは誰とも話さず、頭で考えます。女性は、悩んだ時には相談し、声に出すことでストレス発散をします。

また、家を守る、子供を直接的に守る本能から、コミュニティを大切にする本能があります。ですから、「コミュニケーション」の一環として、何かあると人に話すことで、その人との距離を縮めようとします。

女性の場合は、「目的」が「ストレス発散」ですので、聞いているほうの意見を求めず、とにかく話してストレスを軽減したい。と思います。

男性の場合は、人に話すときには、必ず「目的」があります。ですから意見を求める傾向があります。

男性は、「狩」の本能で、「戦略」を練ります。決して感情的に計画をせず、黙って考えて戦略を練り、その問題を解決しようとします。

これらは、生きることに必要だからです。

ダンスレッスンを習うときの男女の特徴

男女混合のレッスンは誤解が多い

上記のように、沢山の男女の違いがある中、それを理解せずに、教えたり受けたりすると、非常に大変な思いをします。

女性は考える事より感覚

女性は結構考え出すと混乱します。頭の中の色々な要素がいっぺんに働くので、考えすぎてしまうのかもしれません。

ダンスを習うときも言語を習うときも、教科書を読むことが苦手な人が多いでしょう。それよりも実践で上達して行く傾向があります。

なので、実は女性は、ダンスのステップ名、結構覚えられない人が多いし、方向なんか一人で踊ったらもうわけわからなくなります。

いつの間にか、フロアのど真ん中、LODに反対に進んでいる。。なんてこともしばしば。

女性には男性の助けが必要です。

男性は考えてから始める

男性は逆に、まずは理解してから身体を動かします。とにかく、頭の中のパズルをすべて組み合わせて、がちっとなった時に、正確に身体を動かそうとするんですよね。

なので、男性は身体が動くようになるのが女性よりも遅い傾向にありますが、焦らない、地道な人は、結構早い段階で、いつの間にかめちゃくちゃ覚えるのが早くなっていて、女性よりもずっといろいろ知っていて、特に、道に迷わなくなります。

焦ってしまう人は、頭の整理がつく前に動こうとしてしまいますが、それでも、なんだか突然急に上達します。

結果、いつの間にか、男性の方が女性を抜いているということが起きるわけですね。

焦らないこと

女性も男性も、焦っちゃだめですね!

女性は、同じくらいの男性は始めは少し遅いですが、必ず自分を超す日が来ますから、最初から優しく接しないと、上手になった時に踊ってくれ亡くなっちゃうかもしれません。

男性は、始めは落ち込むかもしれませんが、絶対に大丈夫です!焦らないでゆっくり整理してコツコツ積み重ねたら、必ず女性を好きなようにエスコートできるようになります。

みんなそうだから大丈夫!自分より先に始めてる人とか、もともとダンスをやってた人と比べる必要も全くなくて、自分らしく踊ることが大事なのよね。

パートナーダンスは、男女の人生そのものを表してる

パートナーダンスは、男性が女性をエスコートして、助けながら道を決めて踊ります。女性は、それについて行きます。

男性は、地図を読めるので、方向を決めることができて、女性の支えがあるから、自信を持って前に進めます。

女性は、男性がそこで守ってくれているから、堂々と安心して綺麗に踊れます。

男女が、信頼して協力し合って踊るダンスは、周りが見ていても綺麗だし、美しい愛の作品とすらなります。

男女の役目をしっかりと果すのが、このダンスの特徴なのではないでしょうか?

関連記事

  1. 英国認定国際講座が始まります Certified courses f…

  2. 日本の社交ダンス人口は世界一?!日本人はダンスが大好き

  3. 男性はかっこよくなりたい気持ちが素敵 女性も男性も自立した社交ダンスで…

  4. 銀座社交ダンスIDC.Tokyo 2周年記念舞踏会 日本で新しい最高の…

  5. 改正後の風営法が与える社交ダンス界への影響

  6. 社交ダンス バレエ経験者には得?初心者の勘違い3つの気をつけるべき事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。