最近ますます、社会人にも注目を集めている社交ダンスですが、「もっと自分を磨きたいし、社交ダンスも興味がある。趣味を通して素敵な出会いがありそうだし、いい運動にもなりそう。でもどこへ行っていいかわからない。」と悩んでいませんか?

社交ダンスを始めるには、

  • 教室
  • サークル

で始めるのが一般的です。

最近はYouTubeなどにレッスン動画がアップされているため、独学でも社交ダンスを始めることが出来そうにも思えます。

しかし、身体を使い、相手もいる社交ダンスですから、初心者が動画を見て出来るようになるほど、簡単ではありません。実践や、しっかりとした技術やマナーを身につけたいのであれば、プロ講師から教わったほうが良いでしょう。

「では、社交ダンス教室とサークルのどっちで習うのがいいの?」「なんとなく始めにくい。」「そうはいってもやっぱり。。」

と、あなたは感じているかもしれませんね。

そこで今回は、

  • 社交ダンスサークルの特徴
  • 社交ダンス教室の特徴
  • 銀座のIDC.の特徴

をご紹介します。

 社交ダンスサークルの特徴は?

Young adults dancing in a studio.

サークルというと、大学のサークルというふうに、

  • 気軽
  • 遊び
  • 趣味

といったイメージがあるのではないでしょうか。

もちろんサークルによって、どのくらい社交ダンスに重きを置いているかは変わってきます。

たとえば、そのサークルでの交流をメインにおこなっているところもあれば、技術を磨くためハイレベルなメンバーで形成されるサークルもあるでしょう。

そのため一概には言えませんが、教室に比べて社交ダンスを「楽しむ」ことに重きを置いているサークルが多いです。

中には「ヤングサークル」といって、○○歳まで、と入会できる年齢が決められているサークルもあります。

そのほか、サークルごとに特色もありますから、コンセプトに賛成できるのなら、サークルで社交ダンスを始めてみるのもオススメです。

「サークルは技術が身につかなさそうだから嫌」

「気楽にしたいからサークルで」

と、すぐに決めつけずに、そのサークルの趣旨を理解した上で、体験レッスンを受けてみましょう。

社交ダンスサークルの特徴としては、教室よりも料金が安いことが挙げられます。参加費用が安いサークルであれば、1回1000円から1500円で参加することができます。

社交ダンス教室の特徴は?

社交ダンスでワルツを踊る

続いて、社交ダンス教室についてご紹介します。

社交ダンスサークルに対し、教室はやはり、技術を身につけることに重きをおくことが多いです。講師も何かしらの資格を保持したプロがほとんどです。

教習を目的とされ、代々引き継ぐご立派な先生方が運営をされ、サークルと比べると一気に敷居が上がります。一歩その教室に入れば、そのお教室の方針に従うべきであり、先生は「師匠」という位置づけとなることでしょう。

ダンスパーティとなれば、大変立派なホテル等で、歴史と伝統に拘ったスタイルで行われ、その分、費用感もそれなりにはなってきます。

「技術習得」を目的にすることが多いため、レッスンを受ける方の中には、「先生が厳しい」と感じる方もいるでしょう。しかし、その分お教室に通われる意味はあるとも言えます。

社交ダンスを趣味で始めたい方を対象に、和やかな雰囲気でレッスンをおこなっている教室もあります。

教室やサークルといった名称で入会を決めるのではなく、その団体のコンセプトや、決める前に、体験レッスンや見学等での雰囲気も重視することをオススメします。

銀座のIDC.は教室でもサークルでもない社交会クラブ

Professional Dancers Horizontal Banners

社交ダンスサークルや教室の違いについて話すと、

「ではIDC.はどちらなんですか?」と質問をいただくときがあります。

私自身、サークルや教室に対して明確な線引きをしているわけではありません。そのため、「どちらでもない」というのが本心です。

しかし皆様にわかりやすく、かつ覚えていただけるように、現在は「サークル」と言う事も多くあります。しかし、当社会人クラブのIDC.は、「気楽な」、「楽しい」だけのサークルではありません。

  • カリキュラムに沿った14種類以上のダンスレッスンメニュー
  • 初心者向けの特別講習会
  • デモンストレーション
  • 個人レッスン
  • マナー研修
  • 英語レッスン
  • 国際交流
  • 本格豪華イベント

これらを実施しており、表面的な社交ダンスの技術だけでなく、より深い国際的な社交会スキルを学ンで頂けるような内容にしております。ダンスも英語もイベント企画もプロが運営しますため、一般的な「サークル」とは異なります。

かといって、社交ダンス教習の場である、「ダンス教室」とも異なる部類の場所であります。

世界で通用する社交会スキルを向上し、素敵なメンバーと、ダンスも国際交流も楽しんでいただきながら、素敵な出会いにも恵まれたらという思いです。今までなかった、プレミアムなサークルとも言えるかもしれません。

最近では事業投資を増やし、コミュニティクラブと呼び、今後は本格的な国際マナーのプロトコール研修を加えたり、企業の福利厚生の一環として取り入れていく方針をとっていたり、コミュニティとしても質の高いクラブとなるよう、ご入会いただける方も限定させて頂いております。

沢山のことを学ぶだけではなく、言葉の壁を越えたコミュニケーションで癒されていただき、貴重な人と会い、ここなら、ダンスだけではなく、人間性や付き合う人もレベルの高い、ワンランク上の充実した生活をお送りいただけるでしょう。

Happy dancing day!

銀座のIDC.Tokyo、社交会コミュニティクラブはこちら

147e8109-ffaa-4c04-b6b2-c8a8d6166335-2

お問い合わせは下のフォームから

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。