最近のお勧めクラス、社交ダンスをベースにした「ソーシャルパーティダンスクラス」ですが、これは、「壁の華、Wall Flower」を作らない社交ダンスをもっとシンプルに、踊りやすくアレンジして、パーティで踊れるようにするものです。

社交ダンスをソーシャルに踊るって?

経験者の方は、もう踊れるので問題ないとも言えますが、それでも、小さく踊れない人は結構いらっしゃいます。女性を振り回してしまったり、やたら大きくて人の邪魔になったり。

ソーシャルダンスは、ソーシャルに踊るものなので、動き回ったり走り回ったり、と言うよりもむしろ、一緒にリズムを取って楽しむものです。

決まったルーティンを踊るのではなくて、シンプルなステップの組み合わせだけで踊ります。

ボーックスルンバのアレンジ

先日は、ルンバを行いました。

使ったのは、これ。

ボックスルンバのカウントで:

  1. サイドステップ
  2. ボックス

本当は、ターンまでやりたかったのですが、50分では足りませんでした。

社交ダンサーの方であれば、「えーそんな簡単でつまらないステップを50分も?」と思いますよね。

レッスン後に、20代30代メンバーさんにいただいた言葉です。

「凄い難しかったけど、凄い楽しかったです。この前と同じステップなのに、できなかった」

ソーシャルルンバの踊り方
サイドステップに動きをつける

教科書通りに動くとすると、サイドステップは、真横から真横で簡単にできます。

1,2,3、タップ、1,2,3、タップ ですね。

ここに、動きを入れます。

  • スウィングをしながら踊る
  • 回転(方向転換)しながら踊る
  • 好きな方向へ動く

これだけです。これが初心者には以外にも難しいです。「これがあの簡単なサイドステップか」となります。特に、女性をリードしながらの方向転換は、難しいです。

そんな時は?

手を下げれば、女性は後ろに動きます。下みないでスウィングすればリードできます。

ボックス

今度は、そのままボックスを踏みます。

ボックスは簡単ですよね、四角を描くだけ。それを、動きながらやります。抵当に右回転はチョット難しすぎたようで、90度ずつのナチュラルターンで教えました。

それが慣れたら、適当に回転する方法、、、と思ったら、50分終了!

なんとも充実した、「ボックスルンバ」クラスでしたね。

簡単だけど、あきないソーシャルダンスを取り入れていくのは大事です。初級以上のクラスは、いよいよ社交ダンスのステップに入りますよ。

銀座の社交ダンス、ソーシャルダンスのコミュニティクラブはこちら

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。