最近、新たに流派ができたのか、と思わせられることがあります。「社交ダンス派」「競技ダンス派」という流派です。非常に興味深い言い分がみられます。社交ダンスと競技ダンスは別物、嫌一緒だ、競技ダンサー怖い、社交ダンサー邪魔、等々です。

さて、ここでは場に会った踊り方についてお話ししましょう。

社交ダンスと競技ダンス

日本で「社交ダンス」と呼ばれるものには、いくつか種類がありますが、一般的な認識としては、競技ダンスの10ダンス=社交ダンスという認識があります。

この言葉のせいか、理解と踊り方の意見が様々で、時には激しくぶつかることもあります。競技ダンスの中でも流派があり、「これが正式だ」「いやこれが伝統だ」と世界中で争いがおこるわけですが、これもある意味、ペアダンスの特徴です。

言い争いがおこるのは、それだけダンスを愛していると言う事ですから、むしろ良い事とも言えます。

競技ダンスとは?

いわゆる競技ダンスと社交ダンスは、足形は同じです。むしろ、競技ダンスから社交ダンスに役立つことを沢山学べます。

競技ダンスは、簡単に言うと、社交ダンスをスポーツ化して、美しさを競うスポーツと言う事です。

最近では、誤解を懸念して、「社交ダンス」ではなく、「ダンススポーツ」とか呼ばれることもあります。それであれば踊り方は競技用で、ホールドを大きく組み、大きな歩幅で、大きくワイルドに美しく踊ることになります。

審査は他のスポーツと同じく厳しく、時にはコネというものが勝つこともあります。これは、勝負師としては当然のことで、人間が判断する競技にはなんでも当てはまります。

競技には競技のマナーがあります。

  • 特定のパートナーと踊る
  • LODに厳しい
  • 他のペアの練習の邪魔をしない
  • 真剣に取り組む
  • 競技は戦いであるという意識を持つ
  • 暗黙の了解ルールに従う

社交ダンス

「社交ダンス」とは、その名の通り、パーティや社交の場で踊るダンスの事です。男女が組むことに変わりなく、競技ダンスと同様の10ダンスは少なくとも踊ります。

その他、社交ダンスには、あらゆるペアダンスが含まれますから、多数の種類があります。日本で、「社交ダンス」と言えば、やはり上記10ダンスを指すのでしょう。

但し、ペアで踊るダンスは、10ダンスに限りません。アルゼンチンタンゴ、サルサダンス、アメリカンスウィング等々、沢山の種類があります。

踊り方もさほど変わりなく、足形や姿勢が少し違う程度です。

こちらにも、しっかりとマナーがあります。

  • 社交的に振舞う
  • 壁の華にならない
  • ホールドを小さくする
  • 人が沢山いるときに大きく踊らない
  • 人にぶつからないように気を付ける
  • 色々な人と楽しむ
  • 誘ったり誘われたりのマナーを守る
  • パーティにあった服装をする

等々、社交の要素が強いため、まだまだルールはあります。

要するに、競技ダンスは、ダンスに対しての追求が強く、社交ダンスは、社交に対する追求が強いのです。

場を間違えると。。。。

この真逆のマナーのあるダンス、パーティの名でも内容は色々です。間違った解釈をすると、恥をかいたり喧嘩になったりするので、注意が必要です。

スポーツダンスの場で社交ダンスを踊る

全く真剣な練習の場、命ほど大切にしているのではないかと思われる試合の場、等で遊びで社交ダンスを踊るのは、非常に失礼です。

練習の邪魔ですし、真剣にやっていることに、ちゃちゃを入れることほど失礼なことはありません。そういう場であれば、社交ダンスを楽しみで行っている人たちは、ダンスパーティで行った方が良いでしょう。

社交ダンスの場で競技ダンスを踊る

全く、楽しみで社交ダンスを踊っている人の間をぬって、スピードのあるダンスをすれば、社交ダンサーは恐怖なだけです。恐縮して、楽しんでいる人たちを壁に追いやります。

ホールドは、広くしないで、肘を折ってWにして、後ろにそらず、必要なら左を見ればよい程度です。スペースがあれば、大きく踊っても良いでしょうが、余りやりすぎてしまうと、普通に踊っている人が遠慮してしまいます。

社交の場では、会話も楽しむのがマナーですから、真剣勝負のダンスは忘れたほうが良いでしょう。

社交ダンス教室が教えるのは、社交ダンス?競技ダンス?

競技ダンスの踊り方を教えている教室が多いように思われます。勿論、社交ダンス教科書はとても役に立ちます。

足形だけではなく、回転量や、フットワークも書いてあります。

競技のダンスを分かれば、社交ダンスも簡単に踊れるようになりますから、全く悪い事ではありませんが、問題は、「大きい踊りを小さくする方法」を教えていないことなのではないかと思われます。


社交ダンスでは、場をわきまえることが大切ですね。それぞれのマナーを理解し意識していれば、それぞれ楽しむ事ができるのではないでしょうか?

銀座の若者向け社交ダンスコミュニティはこちら!社交ダンスとパーティダンスが習えます。

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。