社交ダンスの歴史について

社交ダンスを始めたからには、多少の知識は身につけておきたいというもの。ここで、日本の社交ダンスの歴史についてご紹介しましょう。

ダンスは、人間が生まれたときから存在しますが、形や国を変えながら居間へ伝えられています。そのスタイルも時代とともに変わり、今、日本で踊られているものは、新しいタイプのものと言えます。

西暦順社交ダンス歴

1883年

鹿鳴館時代*(ろくめいかん時代)と呼ばれた、明治10年後半に、カドリーユやウィンナワルツと呼ばれたウィーンスタイルのスタイルが輸入されました。

このスタイルのダンスは、現在でも普及活動を行う団体もあり、お姫様のようなドレスと完璧な正装で舞踏会を開催しています。

日本で、富裕層を中心に欧米風のダンスが行われるようになったのは、後、大正7年で、鶴見の花月園にダンスホールが開設されてからだそうです。

丁度その頃に、フランスのサロンスタイルの、アルゼンチンタンゴも日本に紹介されています。

1939年

大ブームを起こした欧米のダンスも、第二次世界大戦後にダンスホール閉鎖が相次ぎ、終戦後の貧困で、ダンスとは無縁となってしまい次第に忘れ去られてきました。

1945年

戦後は、進駐軍(アメリカ人 イギリス人軍隊)向けにダンスホールが開かれました。

若い男女の出会いの場として、ダンスパーティが大流行し、ジルバやマンボなどのアメリカンスタイルが流行りました。

和製ダンスである、ハマジルカワジルというようなダンスも、その後すぐに生まれました。

丁度、このころにダンス教室が急増し、「ダンス教室を開けば人がやってくる」時代になりました。

それが、今、社交ダンス愛好家には、70代80代以上の方々が多数を占める理由でもあります。

1970年代

ディスコ時代到来です。

若者の思考が自由となり、社交ダンス教室は、だんだんと国際的なスタイルに特化していきます。

このころは、戦後からダンスを続けている中高年者が、ダンス愛好家人口を閉めていましたが、映画の、「Shall We Dance?」1996年のヒットなどをきっかけに、若者へもむけられ、スポーツ的な面も支持されてきました。

まさに、現代、「ウリなり社交ダンス」「キンタロー社交ダンススペシャル」「ボールルームへようこそ」が流行り、若者のダンス人口が増えている傾向と似ています。

1990年代

サルサダンス到来!世界的に流行となったサルサダンスが日本にも浸透し始めます。ラテンダンスとして、メレンゲ、バチャータ、アルゼンチンタンゴも人気となります。

これは、クラブダンスとしては、男女ペアのダンスの久しぶりのヒットとなり、若者を社交ダンスに戻すきっかけとなりました。

現代でも、サルサダンスは若者に大人気です。

2000年代

ワルツなどの古流ダンスをメインに教えていたダンススクールも、ワールドスタイルを取り入れるようになり、教室の数が増えてきました。

現代

ダンススクールや、ダンス練習場、サークル、学連などが増え、幅広い年代で社交ダンス愛好家人口が広がっています。

現代の日本の社交ダンス競技ダンス人口は約160万人以上で、競技ダンスの人口だけでいうと、世界一です。

現代の社交ダンス業界事情

レッスン料

教室は、日本全国で約3000以上あり、50分のレッスン料も、ダンス教師ランクD級で7000円~C級で7500円~B級で9500円~A級で12000円~、SA級で14000円以上になっています。

実際は、25分間レッスンが一般的です。そして、子の級も団体により、レベル感や名称が異なります。

レッスンタイプ

グループレッスン:個人レッスンよりお手頃で、他の人と楽しくレッスンを受けられます。

サークルレッスン:愛好家の会というような感覚で、気軽にダンスを楽しめるサークルも沢山あります。

社交ダンスの主な団体

日本ボールルームダンス連盟(JBDF)

日本ダンス議会(JDC)

日本プロフェッショナルダンス競技連盟(JCF)

日本プロフェッショナルボールルームダンサーズ協会(JPBDA)

団体別競技ダンス大会や、団体の枠組みを超えた、統一全日本ダンス選手権の競技ダンス大会があり、全英選手権(ブラックプール)などの国際大会へも出場しています。

まとめ

この歴史の概要だけでも、日本にはどうしてこんなにダンス教室があり、高齢者が沢山踊っているのかもわかります。そして、どうして「社交ダンス」=「年配の娯楽」問うイメージになったのかもわかります。

実際は、どの時代でも共通して、若者は出会いとダンスが大好きです。

時代は繰り返しますから、そろそろ社交ダンス大ブームが戻ってくることでしょう。

若者のための社交ダンスレッスンはこちら

 

2 Comments on “社交ダンス大ブームはどこから?鹿鳴館時代から現代へ

  1. ピンバック: 社交ダンスの歴史 – 社交ダンスの魅力 Beautiful Dancing Life: Ballroom/Latin

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。