スタンダードダンスにおいて、トー ヒールのフットワークは当たり前、スウィングダンスでは、ライズロアですが、このフットワークに一つコツがあるそうです。

ライズをしっかり見せようと、思いっきりヒールにロアをしない事。

ヒールに思いっきりロアをすることで、動作を止め、ライズどころか身動きが取れなくなってしまう上にバランスを崩すという最悪なことになってしまうそうね。

ロアをしても、ヒールがフロアに触れていても、常に次の動きを意識していることが、スムーズな動きのヒントとか。

確かに、「ヒールおろして!」と言われることで、体重が後ろに行き、それによりヒールのある女性の方に倒れ掛かってしまうケースは良くあるみたいです。

そして、そうすると男性も前のめりになり、お互いにお互いが悪いと感じてしまう、ケースに陥るのではないかと思います。

お互いにまっすぐ床に立ち、ヒールはついても体重を休ませないで、次の動きへ。。

自分自身がものになったつもりで踊るんですね。

今日のワンポイントでした。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。