Partner dancing has a rule of “lead and follow”, and some people tend to think it means that “controlling and obeying”. This is about the real meaning of this for Japanese people. パートナーダンスには、リード、フォローがありますが、この意味、「支配」「従う」って考えさせてませんか?ちがーう!全然違〜う!

日本文化とパートナーダンス文化

特に日本では、(日本だけではないですが)男女となれば、「男が先、女があと」「男が責任を負い、女は従順に従う」という事が、未だ当たり前な傾向がありますけど、これ、いわゆる男尊女卑ですよね。

そんな文化にパートナーダンス、「社交ダンス」として入って来てしまったので、もう大変💦💦勘違いの大嵐です。プロの世界でもそう、というか、プロの世界の方がそうかも!って思うこともありますが。。

もともと、「男性がエスコート、女性がエスコートされる」、いわば当たり前ではないかと思うこの文化がない国に、その思想を教えないでダンス教えたから、こうなったのかな?

とつくづく思いますが、、、

じゃ、リードってなにさあ?

リードって、日本人男性が1番苦手な、エスコートの事。

大概の女性は、方向音痴です。「地図が読めない女」と言いますよね?生物学的な理由ありきで、女性は方向音痴。

それもあるし、男性の役目はやはり、「女性を守る事」勝手について来る事大前提で前に行ったら、大切なパートナー、いつの間にか敵にさらわれますよ。

男性は、女性がちゃんとついて来れる道を探して、方向を決めて、パートナーがちゃんとついて来れているか確認しながら進みます。

ちゃんとお誘いして、ちゃんとエスコートして、ちゃんと最後まで責任を持ってお相手します。

この精神があって初めて、パートナーダンスが踊れると言っても過言ではありません。

でも、なんで男性がそんな仕事しなきゃいけないのさ、平等じゃないの?

チョット待ったあ!

平等と役目は別物よ!

男性の仕事ではなくて、これが、女性がハッピーになって、あなたがどこへ行こうと、喜んでついて来てくれる様になるの。

相手の為だけど、自分の為なの😊女性が、自分のした事で満面の笑みを見せてくれるの、嬉しくないですか?

イライラしている女性の顔見ると、辛いですよね?

大切なパートナー、いつも笑顔にしておいてあげて、ついて来てもらいましょう。そしたら、貴方はもっとハッピーになれる!!男性の歓びは、女性がハッピーなことでしょう?

一部の人に良く見かける、あるある

文化は別として、紳士のルールを理解していない人に良く見かけるのは、、、

  • リードを支配と勘違いして、相手構わず振り回す
  • 女性が勝手について来ると想定していて、自分が望む場所にいないと怒り出す
  • 女性に気を使いすぎて、女性リードになる(女性にとっては余計な仕事で負担)
  • 女性の扱いを知らないから極端に不器用
  • 思い通りにいかなくて、怒り出す
  • 女性に「こうしてほしい」と言われたことを素直に聞けず、個人的に受け取る
  • 練習は自分中心
  • 荷物は持たない
  • 女性に偉そうに指示をする
  • ダンスに誘うのに、ぶっきらぼうに手を出して、ぶっきらぼうに終わる
  • パーティで、競技ダンスのように踊ろうとする
  • 人にぶつかろうが、人が転ぼうが、助けない

もったいないです。。本当にもったいない。

これ、満足な女性なんかいないですよ。こんな扱いウケたら、女性は、「ついて行っているふり」しているだけで、内心不満だらけで、全然ハッピーじゃあありません。

ということは、女性の笑顔見れません。だから自分がもっとイライラしちゃいます。。

どうですか?女性を大切にできていますか?

次回は、フォローするということについて。女性は、正しい気持ちでフォローをしないとですね!

そう、女性も男性もハッピーになるのが、パートナーダンス。

 

業界事情においての余談です。


こんな文化なので仕方がないと受け止めていますが。。

一般的にプロの世界において、女性の権限がほとんどなく、練習も当たり前のように自分の場所、動くのは女性、級は全て男性で決まり、全てにおいて男性指導ということに関しては、結構真剣にどうなんだろう。。と思います。

先生たちがこういう考えなら、当然生徒もそうなる、ということは、「本当の”社交ダンス”」を教えることはできないのではないかと思います。「社交ダンス」「競技ダンス」は違うという認識って、結構大切だと思います。

勿論、全員がそうではないけれど、女性を喜ばせる歓びを教えられる先生が増えればいいなと思います。

生意気申し上げてすみません。(ボコ、ひえっつ)でもたぶんきっと、多くの女性プロが感じていることではないでしょうか…


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。