Completed all the beginners this month! Well done! Most of the members are new but they all came to be able to dance Waltz. How amazing! Here are some points that can be improved. 初級ワルツが終了しました!よくできました!ほとんどのメンバーが初のワルツ、1か月のしかも、週1,2回で良く踊れるようになりましたよ。素晴らしいです!ここには、気になった点まとめを書きます。

English Follows:

ワルツの月

2月はIDC.の2か月目でした!予定通りの変化の月でした。3月には嵐がやってきて、4月には快晴となる予報です。

ワルツは、パートナーダンスのメインともいえるダンスですね。女性に人気なので、女性が増えました。男性も、初めはちょっとしたカジュアルな気持ちで始めたはずが、あれよあれよと、この奥深さの魅力にはまりますね。楽しいですよね。やればやるほど。今や流しているレッスンノート、今後読むようになると思いますよ。

あれは、なかなか素人だと手に入らない、プロの使い教科書を要約したものだから、読んで損はありません。

ワルツの初心者 ありがちの問題点

さて、いくつかワルツで気になる点、皆さんが知りたそうな点をあげていきましょう。初心者用です。

組み方がいまいちわからない

一つ先に言っておくと、パーティーの時は、ホールドは小さくしてくださいね。周りに迷惑になるので、大きなホールドはNGです。ここでは競技の教科書にしたがって、どちらでも通用するようにします。

両手を床と平行に上げて、肘をおります。これだけです。この時、男性はなるべべく腕を高い位置に持っていきます。肩はリラックスして下げます。

目線は、男性は自分の左手とその向こうを見ます。クラスでは、ちゃんとバランスが保てるようこう習いましたが、社交の時は、見つめあっても大丈夫ですよ~

女性は、左の腕でしっかり男性の腕をつかんで(つかみすぎない程度に)左の肘は外側へストレッチ。右手は、男性と繋ぎます。親指立てると「イタリアンホールド」です。右の腕は、まっすぐになりすぎないように気を付けて!

フットワーク

ここでは、何万もあるテクニックの一つですが、ワルツは開脚運動が大切です。開脚が大きくできる人は、ワルツを上手に踊れます。

  • 膝を十分緩める
  • 股の上に身体
  • 床を滑らししてけるような感じで、かかとから前進
  • しっかり脚は寄せて
  • 床を進行方向逆方面へ軽く押し出して
  • ライズしながら体重移動
  • つま先が外にならないように気をつけましょう

脚が当たるのはどうして?

良くあるから、大丈夫です。落ち着いて一緒にやってみましょう。

男女は常に脚が交差できる位置にいます。そうするには、常に相手が右にいる位置にいれば大丈夫です。エクササイズとしては、普通に男女組んで、下を見ないで歩く、という練習をすると、感覚がつかめてきます。このエクササイズは、同じくらいのレベルの人と組まないとあまり意味がないです。うまいほうの人が連れて行ってしまいからです。

大事なのは、自分でできるようになることですね。

女性は、後退の時、気持ち斜めに足を出すと、男性も踏みやすくなります。上級になると自然にすウェイがかかり、その感覚が分かってきます。

回転量は変える

これ、ブルースでやりましたね!

Lesson Note: Blues#2 Tip ブルースのコツ

外回りの人は大きく回って、内回りの人は小さく回ります。

回転のダンスですから、そうですよね。そうしないと回転できません。

お互いの右側を軸にして回転して踊るダンスです。

ライズ、ロアの仕方

これがあってこそワルツ!次のラウンドでは意識しましょう。

ロアでしっかり膝を緩める

ライズは、少しずつしていく、急に上がらないように。床を進行方向と逆に少し押す感じです。

女性に特にみられることですごく大切なのが、、ヒールまでちゃんと降りること!

結構皆さん、ヒールまで下りないからバランスとれなかったり、足がふらふらしてしまうので、男性に頼ってしまいます。男性に頼らず、ヒールまでしっかりを降りましょう。

 

姿勢を良くすれば綺麗に見える!

上半身は上にストレッチ、下半身は膝を緩む、ホールドを高くしておく。これで結構綺麗です。

姿勢さえよければ、踊りやすくもなるし、見た目も綺麗になりますよ!

初級のうちはここまで!!

良くできました!


 

The month of Waltz

February was the second month of IDC.! The month was  the month of changes as expected. As my projection, in March, there will be a typhoon and then brightly sunny in April.

Waltz is the main dance of partner dancing which is quite popular for ladies, so we welcomed many beautiful women this month. Even for gents, they might have started with a casual purpose, but came to be interested in and are very much enjoying learning. The more you dance, the more you will read my Lesson Notes.

Those Lesson Notes are rewritten from the professional text book, so it could be worth reading the articles.

https://idc-tokyo.com/idc-dance-community/lesson-notes/

Typical problems with beginners Waltz

Here are some typical problems with beginners for Waltz.

Not sure how to hold

Firstly, at parties, please make a compact hold not the comp style as it causes troubles. Here, we teach following the text book, so this is a comp style, which makes the dance more beautifully with a good balance.

Bring your arms parallel to the floor and then fold your elbow. That’s all. At this time, gents bring your arms higher as possible then relax your shoulder.

As for the direction of eyes, gents look at your left hand and the direction over the hand. At parties, if you want, you can also look at each other without a body contact, but still you look your left direction.

Ladies, you hold your partner’s right arm properly (not too strong) and stretch your left elbow. You hold his left hand with your right hand. You can hold up your thumb, which is called “Italian Hold”. Be careful not to straight  your right arm too straight.

Footwork

There are a millions of footwork here, but straddling legs is an important one. Those who can straddle their legs can dance well and widely.

There are some important points for beginners

  • Relax your knees well enough
  • Your body is on your crotch
  • Slide your foot on the floor and forward from your heels
  • Close your feet properly
  • Press the floor to the other direction to your step
  • Transfer your weight as rising
  • Pay attention not to make your toes facing out

Why my legs hit my partner’s legs??

Relax! It happens often.  Let’s do that again together.

Men and women stand on the other person’s right side where you can step between his/her legs. How to exercise? You can try this way. Hold in the normal way, then walk together without stepping on the other person. This way, you can gain the sense. It is better to do with people who are at your level as higher level people can take a good lead, so you cannot try to find the correct method.

The most important thing is to be able to do that by yourself.

One more thing, ladies, when you step back, please step a little outside;this way, your partner can step more easily. When you become an advance level, you will use sway action so that you will be able to do that more naturally.

Turning amount changes

Remember, we did this with Blues!

Lesson Note: Blues#2 Tip ブルースのコツ

When you turn outside, you turn more, and when you turn inside, you turn less.

Waltz is a dance of turning, so this is important to turn together.

You use your right side as the axis to turn together.

Rising and lowering

This is the most necessary action with swing dancing.

You bend your knees properly when lowering

You rise gradually not suddenly. Press the floor gently to the other direction, which makes your body moves smoothly to the next step.

Keep your posture beautiful, this is all about it!

Your upper body should be stretched up and your knees bend and relax. Keep your hold high.

That’s it!

As long as you have a good posture, your dance will look beautiful, so try!

Well done beginners!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。