Well done, dancers! It was quite a good one tonight! Hope everyone enjoyed the dancing event. お疲れ様でした!なかなか良いイベントでした。経験者のみのパーティさてさて、、

English follows:

ワルツスペシャルレクチャー

今日は経験者のみイベント、という事で、ワルツはみんなステップできるように、特別講習しました。

まずは、みんなが知っているボックスから。ボックスは基本中の基本ですから、当然みんなできます。が、実はこれが一番大切な基礎練習です。

床をサポーティングフット(軸足)で軽く押しながら、ステップします。体重移動をしっかりします。1の終わりでライズを始めて、2,3継続3の終わりでロアが基本です。

体重移動したら、膝を乗り越える感じで、サイドへ行きますので、脚は真横に出すわけではありません、少し前です。自然に出たところに出さないと、バランスを崩します。

ステップ

これをもとに次はステップの確認です。

経験者なら、きっと大丈夫だろうステップと、すこ~しちょい足ししてみました。

  1. Closed change
  2. Natural Turn
  3. Closed Change
  4. Reverse Turn
  5. Whisk, Chasse Hold PP
  6. Natural Spin Turn
  7. Reverse Turn 4th – 6step
  8. Progressive Cassee To Right
  9. Outside Change
  10. Natural Turn
  11. Spin Turn
  12. Reverse Turn 4-6
  13. Double Reverse Spin
  14. Quick Open Reserve
  15. Reverse Pivot
  16. Change Of Direction
  17. Contra Check
  18. Pivot
  19. Curbed Feather
  20. Open Impetus

Reverse Turn 4-6 までは、問題なく進みましたが、次のダブルリバーススピンあたりからから、おっと!!という方が多数でしたので、今回は、ダブルリバーススピンまでにしました。ダンスタイムでは、できるところまででいいです~ということにしました。ダンスタイムでは男性にお任せです。

ダブルリバースは、男性が、1でライズを終わらせて一番高い位置にいないと、女性がヒールターンできません、それがポイントです。女性はヒールを揃えるだけなので、ここは男性の見せどころです。とはいっても女性もサポートが必要です。左にボディを回転させて、男性がステップをしやすいようにします。

カウントは男女別です。

Gents: 1,2,3

Ladies:1,2&3

ということで、かなりのじっくりレクチャーを50分ほど行いました。40分のつもりが長引きましたが、皆さん、最終的にはダブルリバースなかなか良くなりました。

ダンスタイム

そして、ワルツから、スタンダード、ラテン2曲づつのダンスタイム!

全員踊れるので、どんどん誘ってもらいました。全員が全員と踊ることができました!

そのままダンスタイムを続けるか、ウィンナワルツを講習するか、しばらく悩んだ末、きっとあまりする機会がないだろうウィンナーワルツの特別講習をしました!

ウィンナワルツ!

今回は、クイックにみんながその場で踊れる程度の簡単講習ですが、ナチュラルターン、リバースターン、クローズドチェンジです。

ステップだけはそんなに難しくないのですが、やっぱり位置関係とバランス、スピードが難しいので、先生から、その場で解決するワンポイントだけもらいました。

回転を2回に分けます。基本的に回転ではなくて、そのままステップしているので、目が回ることはありません。あとは、自然なスウェイに反抗しないで踊れば、楽に踊れます。

実はウィンナーワルツは、ヨーロッパではたしなみ中のたしなみ、誰でも踊れないといけないダンスです。これこそ、「社交ダンス」なので、実は、組み方はボディコンタクトなくてもOKなんです。女性のそりもなくてもOKです。パーティダンスのウィンナーワルツはそれが普通です。

競技のウィンナーワルツは、それをスポーツ的にしたものです。次回は、社交のウィンナーワルツも教えないといけないなって思います。

最後は、みんなで思いっきりウィンナーワルツです!回りました、フロアをぐるぐると。

そして、終わったらみんなでいつものところへ行きました!楽しかったですね。

メンバーさんから、「ウィンナワルツできてよかったです。」「細かいところまで教えてくれるとは思いませんでした」「すごく踊れて楽しかったです」

というありがたいお言葉を頂きました。

皆さん、お疲れ様です!またちかじか!


 

Waltz Special Lecture

This time was a special dance event for experienced dancers, so we took a special lecture from the teacher.

Started with Box. Box Step is the basic of basic, so everyone could do, but in fact, it is the most important basic training for Standard.

As pressing the floor with your Supporting Foot (axis foot), you step and move your weight. You start rising on the end of 1 and continue rising on 2,3, then start lowering end of 3.

After transferring your weight, continue to move your body and step to side, at this point, your foot arrives not exactly on the side but slightly forward naturally. You don’t try to step to side.

Steps

Next we reviewed steps using the Box method.

Expecting everyone experienced, we did basics and a little more as below.

  1. Closed change
  2. Natural Turn
  3. Closed Change
  4. Reverse Turn
  5. Whisk, Chasse Hold PP
  6. Natural Spin Turn
  7. Reverse Turn 4th – 6step
  8. Progressive Cassee To Right
  9. Outside Change
  10. Natural Turn
  11. Spin Turn
  12. Reverse Turn 4-6
  13. Double Reverse Spin
  14. Quick Open Reserve
  15. Reverse Pivot
  16. Change Of Direction
  17. Contra Check
  18. Pivot
  19. Curbed Feather
  20. Open Impetus

They did well until Reverse Turn 4-6, but from Double Reverse Spin, many people had problems, so we stopped the lecture at the step.

At Double Reverse Spin, gents need to rise on 1 and stay at the highest position on 1, otherwise, ladies can’t make Heel Turn. This is the key. Ladies only need to close your heels, so it is more for gents. However, ladies still need to use your body turn to left for the gents to step.

Counts are different.

Gents: 1,2,3

Ladies:1,2&3

We did lots of learning within 50 min ( it was supposed to be 40min), and everyone could do well at last.

Dance Time

Next, we played 2 music each from Waltz. Standard and Latin! Everyone could dance well, so they all danced with everyone, which was fantastic!

After a little observation,I decided to ask the teacher for another quick lecture for Viennese Waltz as it seemed that they had not had a chance to learn this dace.

 

Viennese Waltz!

This time, it was a very quick lecture for the day, so we only did the basics of the dance. Natural Turn, Reverse Turn, Closed Change.

Step itself is not that difficult, but positioning and balance are difficult, so we received a few points from the teacher.

You device turn by twice, basically you step not turn, therefore, you will not get dizzy. Also if you follow the natural sway, you can dance naturally.

Viennese Waltz is the very basic dance in Europe that everyone should be able to dance. This is THE “Social Dance”, so you do not have to hold like the comp style with Body Contact. Ladies do not need to stretch to left. This is the way they do at social dance parties.

Comp style Viennese Waltz has been arranged for sports. Next time, we will teach how to dance the social Viennese Waltz as well.

At last, we danced Viennese Waltz, going around the whole floor!

 

Then we went to the regular place for drinks!

I received very nice messages from the members.

“I was so happy to dance VW!””I didn’t expect to learn that much tonight””I really had a great time!!”

Thank you for coming, everyone! See you soon!!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。