English Follows Click the button to read : ペアダンスとは、男女が組んで踊るダンスの事を言います。どんなジャンルでも、男女が組んで決まったステップを踏んでいれば、それが「ペアダンス」です。

IDC.では「ペアダンス」として教えたり、イベントをしたりしていますが、ここは国際的ですよね。

ペアダンス?

私が、どうしてこの「ペアダンス」のコミュニティを作り上げて、国際的にしたかどうかを、そろそろお話しておきましょう。

「ペアダンス」には種類がいろいろあります。そして大概の人が種類を気にしますね。でも、ダンスは全て共通します。ディスコやクラブダンスも、舞踏会で踊られるダンスも、「ペアダンス」です。

でも、どういうわけか、種類によりイメージが全く異なります。「社交ダンス」と言えば、イメージはものすごくネガティブです。敷居も高く、古臭く、かたっ苦しいイメージですよね。

それを、「ボールルーム」に変えたところで、なんじゃそれ??ってことになりますし、大した違いはありません。それに、皆さんが「社交ダンス」と呼ぶ、そのダンス、「競技ダンス」ではありませんか?

では、「ラテンダンス」といえば、即思い浮かぶのは、「サルサダンス」でしょう。でも、ラテンダンスと一言で言っても、タンゴも、ブラジリアンサンバも「ラテンダンス」なんですよね。

え~いまとめてしまえ!ということで、「ペアダンス」とわかりやすくしました。

どうしてて「ペアダンス?」

ダンスは、他にもたくさんありますね。

バレエ、ジャズダンスやヒップホップ、ベリーダンスやポールダンス等々。ですが、これらは全て、一人で踊ります。グループやペアでのパフォーマンスがあったとしても、一人一人が個人で踊ります。

いい運動になりますし、楽しいですよね。私もバレエやジャズダンスをやっていましたし、ベリーダンスにもとても興味があります。

ところが、「ペアダンス」には相手がいます。一人ではなく二人のダンスです。なので、一人のテクニック以上に、相手への思いやりも必要なダンスです。勿論、マナーも必要になります。

物に溢れる現代の日本、人が求めるものが、「刺激」から「癒し」に変わってきています。この「癒し」の部分も補えるのが「ペアダンスなのですね。

男女の出会いとしても最適

ペアダンスパーティでは、ダンスを自然と会話ができますし、踊れば相手がどんな人か大体わかります。

その辺のナンパや出会いパーティとは違って、ちゃんとマナーがあるので、変なことをする人もいません。男性も女性も、それぞれ相手に対してみるところがあると思いますが、ペアダンスで見極めることができます。

そして実は出会い目的であっても、いやらしく見せませんね。かなり健全な出会いの場所です。

ダンスと国際交流

私がこのコミュニティで目的としているのは、ダンスと交流と英語、国際交流です。そして、こういった健全でありながら交流もできる趣味を楽しむことが難しい外国人の方々への機会の提供です。

ペアダンスは種類が豊富で、実はルールも知っていくとどんどん面白くなります。なかなか外国人の方も、こういう面白い体験は、日本ではできません。

日本の方は、趣味を通して本物の国際交流がここでできますから、なかなか面白い体験だと思います。

グローバル社会との関連

今、日本ではグローバル化を強化しようという動きがあります。「ペアダンス」は、国際交流のダンスです。ヨーロッパでは、教養の一つとして学校教育に取り入れられているため、基礎は誰でも踊れます。

そんな国へ出張へ行って、舞踏会へ呼ばれてしまった日には、踊れないと大変です。

企業のグローバル化に

「ダンスは遊びだから部活動程度で十分」と考えている企業は多いでしょう。しかし、もしも企業がグローバルに成長したいのであれば、お金をかけても「ペアダンス」と「英語」を従業員のグローバル人材育成教育に取り入れるべきでしょう。

出張へ行った従業員がまとめて踊れなく、英語でのコミュニケーションがとれなければ、その企業の国際教養を疑われるわけです。

私は、英語もダンスも手掛けていますが、今の日本が必要としているものだと思っています。

英語とともに学校教育でも

私は、英語を教えることもありますが、英語とともに、ダンス教育は子供のころからのたしなみで、授業に取り入れるべきでしょう。

英語とダンスを組み合わせた授業で、子供たちの英語力とコミュニケーション力と、国際マナーを育てることができます。

日本人の弱点は、極端な消極性と、コミュニティケーション能力の低さです。言語自体の知識は、そんなに悪くはありません。ただ、使うスキルがとても低いです。

子供たちに、運動不足解消目的だけではなく、コミュニケーション力、英語力、国際マナー、他人への思いやりを学ばせて、グローバルに戦える日本にしなければいけない時が来ていると思います。

まとめ

ペアダンスも英語も今や教養の一つ、これができないだけで失うものは多く、これができるだけで得るものが大きいものです。

ダンスの楽しさ、素晴らしさを伝えるだけではなく、日本のグローバル化をサポートできる場所が、ここ、IDC. Dance & Community. Tokyoです。


Pair-Dance??

It is the time to explain why I opened this community and made it international.

There are a lot of kinds of partner dancing, and  many people first ask “what kind?”, it seems to me that they care about the kinds, but most of the dances have things in common.

If I say in Japanese it is “Social Dancing”, the image is extremely negative especially to Japanese young people. They feel it is awkward to approach or think  it is too old, stiff and formal.

Even if we change this to “Ballroom Dancing”, there is no difference between these words.

If you say “Latin Dance”, many people especially Japanese people would probably think of “Salsa Dance”. However, Latin dance includes Tango, Brazilian Samba as you may know.

So, I decided to call all the partner dancing “Pair-Dance”(in Japanese)

Why Pair-Dance?

There are several kinds of dancing.

Ballet, Jazz, HipHop, Belly, Pole etc… They are all single dancing. They do have group or pair dance performances, but they are still single dancing.

It is good for exercise and is fun. I used to dance Ballet and Jazz , so I know that.

On the other hands, partner dancing requires a partner. It is dancing for two people not one, therefore, it requires a respect and manners not only technique.

In Japan, the demands of people for fun have been becoming more relaxation and  connections rather than excitements as becoming more materialistic in real life.

Partner dancing fills up these demands.

Good to meet real partners

During dancing, you can have a conversation naturally and you can see the character of the person if you dance.

This is very different from any mixing parties or picking up parties. There are certain manners that you have to follow, and it requires respects. Through dancing, you could find the right person.

Also, even if your purpose is to meet someone, you would not look like one, so it is a very healthy way to meet your future partner.

Dance and international communication

One of my purpose to open this community is to provide dancing, networking, and international communication. Also, I wanted to provide foreigners a great opportunity to make their lives more valuable in Japan.

It could be nice to have something that they could focus, meet people, have a place to come back. It is very difficult to find a place like this in Japan especially a dance society like this one.

Real lessons are offered too, so it is also good for people who want to learn.

Relation to the globalization

In Japan, they are trying to make the country more global. Partner dancing is an international party dancing and is considered to be an education in some countries in Europe. People usually can dance there.

If Japanese people who do not know how to dance were invited to a dance party, they would be standing by the wall all time without talking if they did not know what to do.They would look like as if they were extremely not sociable.

I believe that they at least need to know the basics in order to do international business.

Globalization of businesses

Probably, many companies think that dancing is just for fun so no need to take it seriously. Yes, maybe so, but if a Japanese company wishes to become global, they should at least train their employees to communicate in English and teach them how to behave at dance parties.

People are probably not good at communications, so in that case, if they dance, this would cover the part.

If they were sent to a country where dancing is considered to be an educational activity, they they would question the company’s global abilities.

For schools

Partner dancing should be included to a school program. Hip Hop has been included recently, but partner dancing is probably more valuable for Japanese children.

Combine with English, they can teach children English as well as communication and international manners.

The weaknesses Japanese people have are over passivity and lack of communication. Language knowledge is actually quite good, but people are too afraid of using their precious knowledge.

It is the time to teach children international communication, English, international manners, and morals in order to make this country become stronger.

Partner dancing has a lot of possibility.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。