I am writing Lesson Notes for people who would like to see and understand the general rules and review the teacher’s tip. However, the most important learning in Dancing is the experience and practicing together with knowledge.

今、Lesson Notesを知識に興味があったり、レッスンを復習したい人向けに、先生のアドバイスとともに書いていますが、一番大切なことは、知識があるうえでの経験と練習です。日本語続きます

Dancing is not something to study on desk.

Just like other learning like language, it is definitely important to gain knowledge in order to dance in a correct way, but without a practice or an experience, the dance would never be good.

Of course, this is a common sense. However, I still see many people think that they know everything just because they know the text book and take private lessons.

The fact is that text books are only guidance to teach you the very basic steps with the very basic tips. Private lessons are  the best way to improve technique, but if you do not practice or experience in a real society, you won’t be able to actually dance without your teacher.

So it is always important that you learn, get knowledge, practice and go to dance with other people.

Please know  that what I write is only the basic knowledge of dancing with teacher’s tip. That is not everything, and sometimes, you see professional dancers do not really do what it is mentioned. They found their own style based on the basics, and therefore, their dances look different.

Of course, you would still need to know the basics in order to dance like them.

How to experience dancing?

Remember, private lessons are great way to improve definitely, but experience is also very important as I have just mentioned.

  • Take group lessons
  • Attend dancing activities
  • Practice at home
  • Practice with your dance mates
  • Go to see shows
  • Go to places where you can dance with other people

What about the dance video game?

Well, people have different opinions with this.

In my personal opinion, the game idea is unique, but still, you should dance with actual people since you cannot feel the other persons weight and body or connections with video games.

The dances would be different depending on the music too. How you move your neck, how much you need to bend your knees, how you use your arms, how to give a passion, how to make it look more sexy,etc… Also, how to dance without a pain.

It cannot be an experience.

The best way is to dance as much as possible!

Yes, this is all about it. You learn, and experience.No matter how well or how bad the other people may be. You will learn the most from experience.

Don’t forget this.  Enjoy dancing!


 

ダンスは、机上学習ではない

言語学習やほかの勉強同様、ダンスを正しく踊るには、知識を入れ込むのは大切です。でも、練習や経験がなければ、ダンスを本当に踊ることはできません。これは、英語を勉強して知識があっても話せないのと、全く同様です。

これは一般論でもありますが、勉強熱心な人に良く見受けられるのは、プライベートレッスンを受けていたり、勉強をしているから、なんでも知っていると思ってしまう人が多くいます。

実際には、教科書というものは単なるガイダンスであり、基礎的なことやステップ、そして基礎的なコツしか書いていません。プライベートレッスンは、しっかりと上達したい人には、間違いなく良い方法ですが、もし練習や経験をしなければ、結局は、その先生としか踊ることができず、実際にはダンスができないままになってしまいます。

なので、大切なのは学んで、知識をつけて、練習して、別の人とダンスをできるように、経験しに行くことです。

私は、レッスンノートを書いていますが、あくまでも、強化のに書いてあることと、先生のアドバイスをわかりやすくしたものです。全てではもちろんありません。

プロの選手で、ベーシックでも教科書に書いてあることをしているとは思えない動きだったりすると思います。これは、基礎をもとにして、経験し、アレンジし、自分たちのダンスを作り、そのようになっているんです。

これをするにも、勿論ベースが必要ですから、基礎知識はひつようですが。

どのように経験したら?

プライベートレッスンは、間違いなく、上達するとか、しっかり学ぶのにいい方法です。でも、前に書いたように経験もとても重要です。

  • グループレッスンを受ける
  • ダンスの活動に参加する
  • 家で練習する
  • ダンス友達と練習する
  • パフォーマンスをみに行く
  • 別の人とダンスができる場所へ出かける

ビデオダンスゲームってどうなの?

これに関しては、いろんな意見があるでしょう。

私の意見では、ゲームのアイディア自体は面白いですが、やはりダンスは本物の人と踊るべきだと思います。相手の体重や身体の動きやコネクション感じたり、という大切なことがゲームからは得られないからです。これは経験とは呼べません。

ダンスというものは、その音楽によっても変化します。首をどう動かす、どのくらい緩む、どうやって腕を使う、情熱をどう表す、もうやったらもっと綺麗に見えるか、、それに、どうやって痛くならないようにダンスできるかも、こういうことは教えてくれません。

 

一番いい方法は、なるべくたくさん練習したり経験することです!

これが全てです。学んで、経験する。その人たちのレベルがどうであれ、他の人とダンスをすることで、経験から学ぶんです。

頭でっかちにならないようにしましょ~そして楽しむことを忘れない!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。