English Follows, click the button:

こんにちは、Mariです。日に日にフォロアーの方も増えて嬉し限りです。いつもありがとうございます。

さて、今日はよく聞く「社交ダンス」と「バレエ」についてです。

ballet-534357_1920

よく、社交ダンスの先生でも、「社交ダンスをするならバレエを絶対にするな」と言います。それはどうしてでしょうか?因みに、面白いことに、私の先生は「ちょっとバレエを習ってこい」と言います。不思議ですね。

社交ダンスも、バレエもダンスですから、共通点もありそうだし、バレエをやってる人は社交ダンスで得だと思われるかもしれません。

バレエと社交ダンスは違う

でも、この二つのダンス、決定的な違いがあります。それは、社交ダンスでの一番の特徴、「リードとフォロー」がないんです。

バレエは、主に一人か大人数、もしくはペアでも、バラバラに踊るダンスですから、自分で踊るものです。ということは、社交ダンスに必要な、身体の中から使うコネクション神経を使わないということにあります。

また、バレエは上半身を固めなければいけません。上半身は固めて動くので、バレエの動きは、上半身は滑らかというより、なんとなく線のように綺麗に見えると思います。

社交ダンスは、上半身の動きも非常に大切です。上半身を固めれば、まず相手とのコネクションも取れないし、背中が踊りませんから、社交ダンスらしくないダンスになってしまいます。Dance couple dancing to a live band sounds

足先の使い方も異なります。バレエは、つま先の先まで使いますが、社交ダンスは、つま先を使っても、足裏のほうを使います。つま先まで伸ばすことがあっても、バレエのようにつま先で歩くことはまずありません。足全体を使うのが社交ダンスです。

但し、ではだからと言って、バレエが社交ダンスに役に立たないかというとそうでもありません。

バレエを習ったほうがいい?

はい、そうです。例えば、回転ですが、社交ダンスでも回転はかなりあります。バレエをやっていると、回転の時の身体の使い方が美しく、社交ダンスに少し取り入れれば美しい動きになるでしょうし、手足をまっすぐにする使い方は、バレエをしていた方は本当に美しいです。

要するに、「社交ダンスをするならバレエをするな」には語弊があり、社交ダンスをしてバレエを習うなら、違いを知ったうえで習えというほうが正しいかもしれません。

但し、バレエの先生は上半身の動きを止めるでしょうから、結局はどちらかに留まることになると思いますが。回転と手足の伸ばし方は、バレエの先生にアドバイスを頂くと、何かヒントが得られるかもしれませんね。

昔バレエをやっていて、今社交ダンスで悩んでいる方も、身体の使い方さえ変えれば無敵になるはずですので、先生に上半身と足先の使い方を教えてもらってはいかがでしょうか?


特別イベントのお知らせ

オープニングイベントが1月6日と7日に行われます。

詳細はこちら→

真新しいプレミアムな社交ダンスサークルについてはこちら→


 

Should you take ballet lessons?

Hello! Welcome back to my blog! Today, I will write about relations between Ballet and Ballroom dancing.

ballet-534357_1920

We may often hear ” don’t do ballet if you dance ballroom”, why is it? The interesting thing is that my teacher sometimes tells us to take a ballet lesson.

Both ballroom dance and ballet are dances, and there should be common rules; they might even say that it is beneficial for ballet dancers to start ballroom dancing.

However, there are crucial differences between them. Ballet does not always require “lead and follow” which ballroom always does.

Differences between ballet and ballroom dance

Ballet is generally danced with one or many, even they can be two sometimes,they typically dance separately which means that they are always required to dance alone. Ballroom requires connections between two, which requires very sensitive body movement.

Ballet also requires straight body and does not like too much movement so that they can dance beautifully like lines.

Body-movement is very important for ballroom. If you keep your body straight, you can’t connect to your partner or your back can’t dance.
Dance couple dancing to a live band sounds

How to use toes is also very different. Ballet requires to use head of toes and even walk with toes. Ballroom also requires toes but ball more. We make our legs straight but do not walk with toes like ballerinas.

Should you take ballets lessons?

So, then it would be useless to take a ballet lesson if you dance ballroom?

The answer is not really.

For instance, the way ballerinas spin can be used for ballroom Latin, which would make dances look more beautiful, also the way they use their arms can be used for ballroom and Latin.

In conclusion, it is not 100% true that you should not dance ballet if you dance ballroom, but it you want to take ballet, maybe you should understand the difference and know what you need to learn from ballet.

 

If you previously danced ballet and have an issue with ballroom, why not ask your teacher how you should use your body? Your teacher should be able to give a correct answer and make you a great dancer.


Special Event!

Pre-Opening dance event→

About International Dance & Community. Tokyo

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。