こんにちは、社交ダンサー、ライター、その他もろもろのMariです。

今日は、よく先生たちが社交ダンスのレッスンでよく言う、「床を押す」という表現についてお話ししましょう。少し、前回の続きになりますが、これをすることで、またダンスがきれいに踊れるようになります。

dancecategory_ballroom_floor_03

私は、つい最近までアマチュアで、つい最近までアマチュア以前の人だったので、その気持ちがよ~くわかります。「床を押すんです」って言われると、床を一生懸命ぎゅうぎゅう押そうとしてしまいませんか?そして、力が入ってうまく動けないという覚えはありませんか?

私は、以前、全くそうでした。

でも実際は、床を押すのではなく、むしろ、床を大切に扱うことだったんですよね。文字にして表現するのはとても難しいですし、私の先生やリーダーの秘訣でもあるので、了解なしには公開できないのですが、とにかく言えることは、「押す」ことはしてはいけないということなのですね。

床を押しているように見えるその動き、実は、床の力を借りて、身体を軽くするっていうことなんですね。そうではないと、踊りがどんどん下に向かい、重いダンスになるし、軽やかな動きができなくなります。
そして、床を押していると、滑る床では全く踊れなくなります。床への負担は少しでいいんですね。それで、足の痛みもなくなります。カギは、フットの使い方にありますね。

そして、体重移動をするということは、その脚の骨に乗るということとイメージすると分かりやすいかもしれません。骨の上に乗るなら、まっすぐ乗らないと乗れないですし。先生により乗る場所を、「土踏まずに乗る」とか「桃の上に乗る」とかいろいろな言い方をされますが、イメージが難しいですよね。

ど素人だった私が一番イメージできたのが、この、「骨に乗る」でした。人によって、言葉のとらえ方も違うでしょうから、やはり先生に会って、実際に聞くのが一番良いですね。

そして、「床を押して体重移動をする」これは、フットを使って、床を使って、体重を移動していって、骨に乗るってことなんですね~

先生方には、ぜひこの初心者の視線というものもご理解いただいて、誤解のない教え方をして頂くと、もっともっと上手な人が増えるのではないかと思いますね。

とにかく、ダンスは楽しく、軽く!これ基本ですね。綺麗で楽しく踊れるように、床と仲良くして踊りましょう~

 

img_3249

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。