こんにちは、社交ダンサー、ライター、事業家のMariです。今日は、「Go back basics」 についてお話いたしましょう。

back-to-basics.jpg

ダンスにおいても、「基本に戻る」ということが成功の鍵となります。何かに躓いたとき、ほとんどの場合には、基礎に戻ることで解決されることがほとんどです。

ビジネスにおいては、なぜ売れないのか?なぜ上手くいかないのか?は、そもそも、従業員への基礎トレーニングが足りなかったり、商品への理解、市場のニーズをわかっていないなど、超基礎的なことが問題のことがほとんどですが、ダンスにおいても、ある程度のレベルになると、どうしてもそれ以上に行けなくて悩んでいらっしゃる先輩方をたくさんお見受けします。

まだ下級の私ですら、「ここまではできたけどこれが。。」ということは、当然ですがしょちゅうです。私たちの場合は、毎回ベーシックを何時間も練習してから、最後にバリエーションに練習し、隠し味を入れていく方法を続けていて、それをやめることもありませんし、時には基礎練習しかしない時もあります。

競技選手ではない場合、おそらく沢山のステップをこなしたくて習ってる方がほとんどたと思いますので、それはそれで楽しみで続けるのは良いかと思いますが、やはり、最低限基礎ができないと、肝心な「社交」ができなくなる事態がおこり、知らない人とダンスができなくなったりしてしまいます。

ここで、本当に大切なのは、「正しい基礎を習い、練習をする」ことですね。一人一人の動きも当然そうですが、社交ダンスにおいて、「リードとフォローは」超基本です。この役割や、やり方をできないと、本当の社交ダンスにはなりませんね。

時々、素人だと、ダンスの件で何かとけんかになっていたりしますが、それは大抵、「リードとフォロー」ができていないことがほとんどだったりします。どちらかが悪いのではなくて、単純なミスコミュニケーションなんですね。それを理解しているのとしないとでは、上達のスピードも、ダンスの質も、全く変わってくるというものですね。

男性は、リードができないと社交ダンスは踊れませんし、女性は男性のリードを読み取ることができないとできませんし、お互いに、「自分はできているから相手が悪い」と思ってしまえばその先はありません。たとえば、そう思ったときに、相手に教えてあげられるくらいの気持ちも必要かもしれません。

もしもあなたがダンスで躓いたときには、是非、「Back to basics」を思い出して、ベーシックの練習をゆっくりじっくり、丁寧にしてみてください。そうすると、また新しい発見があり、ダンスがもっともっと楽しく踊れるでしょう。

Have a beautiful dancing day!

ballroom-dancing-clipart-images-xoqcoh-clipart

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。