こんにちは、Mariです。いつもご購読頂き、ありがとうございます!オーストラリアへ出張に為、暫くご無沙汰になってしまいました。オーストラリアでも、貴重なダンスレッスンを受けましたので、そのお話はまた。

今回は、社交ダンスを義務教育に取り入れる事についてお話ししましょう。

150806satorika-600x400

 

内向き思考の日本社会が、社交ダンスの妨げになる

 

最近の日本は内向き志向であると言われていますが、それは今始まった事ではなく、この何百年もの間、内向き文化を築き上げてきています。独自でユニークな面もありますが、グローバルには太刀打ちできず、なのでなおさら、「内向き」でいる事で安心感を得る様になったのですね。

しかし、社交ダンスは、本来外国からの輸入ですので、その思考ではなかなか本物へは近づけません。実際に、日本独自の社交ダンス文化を作り上げてしまっていますが、実はこれこそが日本は世界で勝てない理由の一つで、外国人のレッスンを受けながらそれを身にしみて感じました。

社交ダンスをするのであれば、まずは、「社交」をするのが大前提で、それにはマナーや思いやり、コミュニケーション能力が必須です。そして、観せるダンスであれば、表現力、情熱、愛情を知っている必要があります。日本人には、これがまるまる抜けています。オマケに、まともにリズムをとったり、表情を出したり、それを身体で取ることが自然とはできません。これらは、ダンスのテクニックを知る前に知るべき事です。

そして、もっと邪魔になっているのが、日本独特の「グループ文化」です。これは、個人の成長を妨げるだけではなく、ダンスに必要な自己表現力、情熱を持つ事、自信を持って前に出る事を殺してしまいます。だから、日本人のダンスはプロにダンスでもつまらないと言われるんです。そして、それを教えられる人がいません。

 

note-353599-i1-img

 

男性有利社会から、良いダンスは生まれない

096742

日本は、世界トップを争うほどの男尊女卑社会であり、男性有利社会です。これが、男性が女性をエスコートしなければ成り立たない社交ダンスには、全く邪魔な思考だという事を知っていますか?

日本の男性有利社会、男尊女卑社会には、こんな特徴があります。

  • 日本人男性は、日本人女性に対して、理由もなくやたらと「偉そう」である。>> 相手が日本人女性だと、自分より下だと認識し、相手が日本人ではないと分かると、急激に態度を180度変え、ヘコヘコします。これは、私自身が体験しました。
  • エレベーターで、女性がドアの前で待つのが当たり前だと思っている。>> 社交ダンスをする国の西洋人は逆です。
  • 女性を押しのけて、電車の席に座る>> そもそも、女性を押すという行為が話になりません。
  • 女性は家事、男性は出世という考え >> 現代では、家事も仕事も女性に求めるとか。女性への敬意が全くありません。
  • 女性が重い荷物を持っていても、知らん顔する >> 平気で素通りする姿には驚きです。ダンスフロアで誰かが倒れて助けるなんて事はしないでしょうが、しなくてはいけないものです。
  • 女性は、ニコニコ可愛らしくしていれば、頭が悪くてもいいし、そうでなくてはいけないという考え>> ダンスにそれが出れば、全く魅力的ではありません。
  • ドアが開けば、女性や別の人を通さず、自分がさっさと歩く >> ダンスでは考えられない行為ですね。
  • さっさと早く歩いて追いつけない女性に怒る、怒鳴る >> これ、競技選手によくある光景です。非常に格好悪いです。
  • 女性に花束を買う事さえできない >> その行為が格好悪いと思うのは、女性に敬意を払わず、女性を下に見ているから、プライドが邪魔して、花束など買えないのでしょう。これで、ダンス中に女性を躍らせることができるのでしょうか?
  • なのに、面倒な事は女性を母親の様に思って甘える、頼る、自分では何もしない >> 日本の男性は、仕事さえしていればいいと勘違いしていますね。だから、ダンスでも、やたらと偉そうな人が多いのでしょう。

女性視点の様でありますが、これには女性にも大きな問題があります。

女性は上記を許していたり、当たり前だと考えてコントロールするこちばかり考えたり、男性を利用して生活したり、媚を売ったり、男性に気に入られる事ばかり考えて生きる様になります。男性に頼るダンスとは、何とも醜いものです。

これらの傾向は、西洋文化の色しかない社交ダンスには全く合いません。どうしてここから真似しようとしないのかが全く不思議です。外国人はこれらの日本人の行動と、それに伴った日本人のダンスに対し、子供っぽい、ダンスをしていない、センスがない、と思って見ています。残念ですが、これは私が、外国人から良く耳にする本当の話です。

 

義務教育で正しい社交ダンスを教えれば、日本は変われる

 

160211satorika1-650x365

 

現在の社会問題として、男性有利社会は問題になっています。

女性を活躍させなければ、日本が破滅するという分析から、現在は政府も必死になっていますが、教育を変えない限りは無理でしょう。その教育を変える事が出来るのが社交ダンスなのではないかと私は思っています。

社交ダンスを通して、男女共に自立した思考を持ち、お互いに尊重する気持ちが芽生え、普段より、男子が女子をエスコートし、より大切に扱われるために女子も自立しようとするでしょう。手と手を振ることでの人間としての心の繋がり、思いやり、愛情を学ぶ事ができ、日本人が極端に低いリズム感や音楽性、芸術性の大切な感性を養う事が出来る様になるでしょう。

ダンスをする事が当たり前になれば、日本独特のいやらしい考え方もなくなり、健全な性教育にもなり、また適度な運動と音楽で、ストレス発散効果もあり、勉強もはかどる様になるでしょう。

そして将来的には、男性も女性も当たり前の様に協力し合い、家庭も仕事もお互いに両立し、ストレスと犯罪の少ない日本社会を築く事が出来るのではないでしょうか。

 

 

ballroom-dancing-for-kids

 

私は、もう一つの私のビジネス、「グローバル人材育成」「女性活躍推進」のサポートに社交ダンスを取り入れています。なぜなら、その重要性を知っているからです。

日本の義務教育が変われば、日本は変われます。もっと明るくてストレスフリーな国になります。そして、日本の社交ダンス業界も変われることでしょう。

皆さんにお子さんがいたら是非、社交ダンスを始めさせてみてはいかがでしょうか?

スクール探しは慎重に行ってくださいね。心と身体に直結するとても繊細なダンスですから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。