社交ダンス 若い世代がいない? 嘘 嘘。今やらないでいつやるの?

こんにちは、社交ダンサー、フリーライター、英語講師、コンサルタント、(その他もろもろ)のMariです。

今回は、社交ダンスは、若い世代がいないというイメージについてお話します。

 

swing-n-sway-a-byu-ballroom-dance-company-showcase_6

社交ダンスは年配の娯楽は、嘘

 

私は、30代ですが、20代のときから社交ダンスを始めておけばよかった!と心から思います。もともと、社交ダンスは年配の娯楽かと思っていて、年いったらいい趣味になるかな~程度にしか思っていませんでした。

ところが、、、

はじめてみて始めにびっくりしたのが、社交ダンスの若者への普及です!これだけ沢山の同世代や、20代の人が社交ダンスをやっているとは思っていませんでした。

正直、やられた!って思いました。みんないいことは言わないんですね。

もっとびっくりしたのは、社交ダンスには競技と言うものがあって、それに参加するのは10代20代、、30代と言うと結構年上のほうです。

最近では、年齢制限をするほどのサークルや教室もありますし、誰もが「もっと早くはじめていればよかった!」といいます。

もちろん、年配でも踊れることに変わりはありません。しかも、年齢を忘れさせるような軽やかな動きをしますし、その年代ごとに魅力が変わってでてきます。

社交ダンスは、内向的でも好奇心のある日本人にぴったりのダンスです。

出会いあり、遊びあり、それが一時のものではなくて、身体が動く限りは続けられて、いくつになっても新しい出会いがあるなんて、素敵ではないですか?

何故、社交ダンスは年配娯楽のイメージがあるのか?

tumblr_mjz9vdaanh1rw3fqbo1_1280



では、どうして社交ダンスにはこんなにも年配娯楽のイメージがあるでしょう?

それは単純に、社交ダンスは、若者の社交目的として戦後に大ブームになって、その時の若者が今でも続けているから、というのが最もな理由です。

どうして、その後、更に若者に広がらなかったかというと、新しいスタイルのダンスの流行や、風営法による営業規制で、教室でしか習えなかったり、現代の若者に魅力的に見せることができずにいたことが原因でしょう。

社交ダンスなのに、若者が社交を全くできないダンスになってしまったのですね。競技だけになってしまう社交ダンスも、多くの若者を遠ざけてしまうと思います。

 

images-1

 

グローバルの進んでいる今は、社交ダンスも若者の出会いの場、教養の場、遊びの場になる

 

時代は繰り返します。これから社交ダンス 、実はまたまた流行ります!まあ新しい形で。
何故かと言うと、この社交ダンス業界に今、大きな動きがあるんです。風営法が改正され、(風営法改正については、こちらをご参考ください。)自由な営業が可能となり、都心に溢れたダンス教室や団体は、様々な新しい活動を始めています。

今や、婚活は当たり前、みんながオンラインでさえ出会う時代です。そんなときに、ダンスで出会うなんてロマンチックですよね。結婚式で大切な人と踊れるなんて、素敵ですよね。

テレビによる影響で、若者も社交ダンスに興味をもち、今の時代には新鮮な、新しい出会いの場として、この21世紀を盛り上げるでしょうし、今は、日本もグローバル化しています。国際人を目指す人は、みんなこっそり、社交ダンスしてるんですよ!

ビジネスマンもビジネスウーマンも、社交ダンスくらいできないと、出張先でで肩身の狭い思いをします

始めるのが遅すぎた!なんて事にならないように、今からでも始めましょう。

始めたい人にはダンス先生紹介しますので、お問い合わせくださいね。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。