女性脳、男性脳の違い 社交ダンス は女性の上達が早いってホント?

男女会話に求めるもの3-2

こんにちは、社交ダンサー、フリーライター、(その他もろもろ)のMariです。

よく、女性の方が社交ダンスの取得が早いと言われています。これは、男性は余り認めたくないような事実ですが、生物学的に、女性は男性よりも、語学やダンス、音楽など、右脳と左脳両方を同時に使う事に優れています。

今回は、最近マイブーム(死語?)の、脳と社交ダンスについてのお話をします。

  1. 男女の能の違い
  2. 男女の脳の違いが、社交ダンスの上達や視野の違いを生み出す
  3. 女性と男性では、見えているものが違う
  4. 女性は感性的、男性は理論的
  5. 女性審査員と男性審査員の見るポイントは異なる
  6. パートナー、リーダー選びは、男性の方が上手な方が上手くいく

**様々な専門家の研究を公表した情報を元にした調査の結果で、実際の研究結果ではありません。この記事には専門的要素はありません。

 

1,男女の能の違い

 

324

 

男性脳と女性脳には大きな違いがあります。

大げさに言うと、女性と男性は、違う生物なのですね。

以下参考:

出典www.biranger.jp

写真上部が男性、下部が女性の脳の動きを現したものです。

男性は左右の脳をそれぞれ使って、脳の前後を接続するネットワークが形成されていました。

女性は脳梁(のうりょう)と呼ばれる左右の脳を繋ぐ部分を中心に、右脳と左脳をつなぐネットワークが濃く形成されています。

 

女性の脳は、右脳と左脳を繋ぐ神経が太く、情報の行き来がスムーズになされる為、両方の脳を同時に使う事ができます。女性は、マルチタスクで、複数の事を効率よくこなす事ができます。

例えば、女性は、料理をしながら、携帯メールをし、更に会話ができ、更に頭の中で別の事を考え、質問されれば、手を止めずに答える事が出来ます。

これは、女性が男性よりも賢いからと言うわけではありません。

男性脳は、女性に比べて、右脳と左脳を繋ぐ神経か細く、情報の行き来が遅くなります。
しかし、それぞれの脳の中の行き来に非常に優れています。小脳が発達していて、集中力は女性の50倍あると言う研究結果もあります。

1つの事をやり、集中すると、男性は凄まじい集中力で、凄まじい結果を生み出します。家庭での料理をする男性より、シェフに男性が多いのはそのせいです。

男性が料理をすると、こだわりにこだわり、栄養やコストを考えずに、普段食べないものを作ったりしませんか?そして、何かをしている男性に話しかけても、返事がなかったり、後に全く覚えていなかったりしませんか?

この様に、男性脳と女性脳には大きな違いがあります。

この違いが、社交ダンスに大いに影響します。この知識を抑えると、もっと楽しく社交ダンスができるようになると思います。

もしもパートナー同士の喧嘩が多いのであれば、この仕組みを是非知っていただくと、もっと楽にパートナーシップを継続できるようになると思います。

 

2,男女の脳の違いが、社交ダンスの上達や視野の違いを生み出す

 

usanou

 

始めた時期も同じ、受けた先生も一緒、全く同じ事しか教わってなく、練習頻度も同じなのに、何故か女性の方が上達が早いと感じたことはありませんか?

もちろん個人差はありますが、平均的にそのケースは多いです。

上級になるにつれて、その差は縮まるようにも思えます。それは、長年のトレーニングがあってこそでしょう。

中には、ダンスは女性の方が簡単で、男性のダンスは3倍難しいんだと言う方もいますが、それは違います。女性が男性役をやっても結果は同じなのが証拠です。

これは、男性のほうが能力が低いわけではなく、特に始めたばかりだと、まずはもともと右脳と左脳両方を使える女性の方が圧倒的に有利です。

女性は、脳をそのまま使えば良いのですが、男性は、まずは脳の働きを変える事から始めなければいけないから、女性の方が上達が早いんです。今まで使っていなかった神経を使うわけですから大変ですよね。

ご存知の通り、ダンスは非常にマルチタスクです。頭も身体も感覚も全てフル回転ですから、脳全体を使わなくてはいけません。

女性は、複数のことをいっぺんに考えることができるのですが、この女性特有の能力が、ダンスの上達に向いているのです。

因みに、これは一般論で、当然個人差はあります。これは、女性にも理系が多いことと同じです。

 

3,女性と男性では、見えているものが違う

 

0363659_6-604x270

 

一時期ヒットした本、話を聞かない男、地図が読めない女 を読んだことがありますか?あれは、正に女性脳と男性脳の違いを表しています。

男性が話を聞かない理由は前に述べましたが、男性は1つの事に集中する脳を持っているから、話を聞いていない様に見えますが、話を聞く事に集中している時、例えば自分が必要だと判断した情報は、良く聞きます。

だから、都合の良い事ばかり覚えているのですね。

地図を読めない女、これは女性のほうが空間把握が苦手なため、自分が今いる場所の認識が低いのです。

ダンスのフロアで女性のほうが方向音痴ではないですか?男性がフォローをしなくてはいけない理由もここにあります。男性が方向を決め、女性を連れて行くのは、理にかなっているとも言えそうです。

ある調査の結果をまとめた情報です。

ある調査によると、男と女にある建物の設計図を見せたところ、男性の場合はある決まった場所が集中的に働いているのに対し、女性の脳が働いている場所はこれといって決まっていなかったそうです。このことから、男性は空間把握がうまくできるが女性は余りうまくできないといわれています。

 

男性が、ダンスを教わる時は、方向を角度で示されるとわかりやすいです。日本で開発された、ダンスチャートは、男性向きに作られていて、女性に見せても普通ならちんぷんかんぷんです。そのため女性は、踊りながら学びます。女性には、実践が一番ですね。

そして、上の絵のように、男性と女性では、自己分析結果が異なります。

男性の方々、気をつけてくださいね、鏡に映っている自分は、実際よりも良く見えていますよ。

男性は、褒められたい願望が強いので、自分は素晴らしいと信じたいものですが、自己判断よりも回りの厳しい判断を信じたほうがよさそうです。

女性の方々、あなたはきっと実際自分が思っているよりも美しいですよ。

 

4,女性は感性的、男性は理論的

 

ダウンロード

 

「感情的」と言う言葉を避けたのは、この言葉には語弊があるからです。女性は、感性が豊かです。それは、脳の全体を使うことができるからであり、感覚をバランスよく使えます。

男性は、物事を理論的に考えます。なので、とりあえずは参考書から始めたり、語学やダンスを理論的に学ぶ方法が合っています。女性は、この手段にしたところで、効果は対して変わりません。どちらかと言うこと、実践で学ぶほうが上達は早いです。

女性は繋がりを求め、男性は理論的な答えを求めます。

そして、厄介なことは、お互いに相手が自分と同じ視野を持っていると期待し、別の考えにぶつかったときに喧嘩をします。

よく、激しくぶつかるカップルを、ダンスカップルでも見かけますが、見え方の違いから発生した喧嘩と思われます。お互いに相手を責めて自分は正しいと思ってしまうのですね。

そして、女性は感情的といいますが、感情をコントロールしたり、瞬間的に感情を変える事ができます。男性も実は感情的にならないわけではありませんし、男性が感情的になるとコントロールができないので、行き過ぎてしまうことがあります。

男性は、理論的ですが、女性に比べて話すことが苦手なので、口げんかでは女性のほうが有利になります。そして、これを男性は屁理屈と感じるのですね。

脳の違いを知っておくと、こういった無駄な揉め事も減ると思います。お互いに見えているものが違うのであれば、良い点だけを搾り取っていけば、素晴らしいものになるのではないでしょうか?

お互いに譲り合えば、違う意見を聞こうと言う気持ちにもなれるでしょうね。

 

5,女性審査員と男性審査員の見るポイントは異なる

 

o-PANEL-OF-JUDGES-facebook

 

競技選手ですと、これを知っていると良いと思います。実は、脳の機能の理由で、女性審査員と男性審査員とは見ているところが異なります。

女性のほうが比較的細かい点を見つけているのに対して、男性は大きな動きに目が行く傾向があります。男性は、見た目で人を判断する傾向があります。これは、男性が美しい女性に目が行く過程と同じです。

男性同士でも、見た目で自分が上か下かと本能で決めるのが男性です。そして、相手のことはは良く観るけれど、自分の事を正しく判断できないのも男性の特徴です。都合よくみてしまうのですね。

男性審査員の場合には、女性は美しく、男女ともに大きく動き迫力を見せることが良いようです。

女性は、心のつながりを重要視するため、細かいテクニックのほか、見た目の美しさもそうですが、カップルとしての雰囲気も重要視しているようです。

女性の先生たちは、「こんなところも見ているのか。。」と言うところをご指摘されませんか?ですので、女性審査員には、普段の思いやりや、しなやかや動きをみせることが良いようです。そして、女性は、自分の見た目にも非常に厳しく向上心があるため、他人の美しさにも敏感です。

ダンサーとしては、ダンスも見た目も相手への対応も全て気をつけなくてはいけないのですね。ダンスだけが良くても、見た目だけが良くても、勝ち抜くことは難しいと言うことです。大変小生意気なことを申し上げて恐縮ですが。

習うのであれば、男女の先生方、両方に習うと色々な発見もあるのではないかと思います。

 

6,パートナー、リーダー選びは、男性の方が上手な方が上手くいく

 

lgi01a201308161400

 

女性は、ダンスの上達が早いため、お互いのスキルが同じもの同士が組むと、すぐに女性は追い抜いて、相手に負担を感じるようになるといいます。そして、それを認めたくない男性は、気持ちが惨めになってきてしまいます。

本来、社交ダンスは男性がリードして女性がフォローするのに、女性がフォロー役をすると言うのはおかしな光景です。

女性がそのまま待ってあげるのも良いですが、別の、もっと上手な人と組めばもっと上達できるので、少しもったいない気がします。ダンスが目的のお相手選びで自分の事を考えるのであれば、上手な方と組んだほうが良いでしょう。

一方男性には支配願望があり、それが叶うと自分が偉いように感じてしまって、必要以上に女性に偉そうにしてしまいます。しかし、すぐに女性に抜かれて、余り大切に扱っていないと、すぐに愛想をつかれてしまって、気づいたらその人を失ってしまいます。

ですので、始めは自分より下だと思って見縊らない方が良いです。支配願望が満たされると一時は気分が良いのですが、それが永遠と続くとは思ってはいけません。

男性としては、リードはお相手探しから始めっていると思います。自分よりもスキルが下でも、自分が教えてあげるくらいの気持ちで、相手の成長を自分の成果だと思うと、また面白いでしょうし、女性も気負いせずに、その方に素直について行けば、信頼も育つと思います。

結局は、お互いへの思いやりが大切と言う事ですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?女性と男性では脳の作り、役割が全く異なります。脳の仕組みを知る事で、グレーだった謎が、明確になってはきませんか?

今日からは相手にもっと優しくできるかもしれません。何かあったときは、相手を責めるのではなく、「相手の脳の作りは違うから仕方ない」と思えば、意外と物事が解決するかもしれません。

次は、「なぜ、日本人はダンスや英語が苦手なのか?」をお送りします。

では、今日も楽しいダンスを!

Have a wonderful dancing day!

参考リンク:

この度、一部参考させていただきました。ありがとうございました。

http://www.brain-studymeeting.com/dif/man_women/

http://matome.naver.jp/odai/2139074293588035901

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/07/160713152154.htm#.V70PNC150HY.facebook

One Comment on “女性脳、男性脳の違い 社交ダンス は女性の上達が早いってホント?

  1. ピンバック: 女性脳、男性脳の違い 社交ダンス は女性の上達が早いってホント? – 社交ダンスの魅力 Beautiful Dancing Life: Ballroom/Latin

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。