ダンスを風営法で規制することでのリスク その1

前回、風営法の事について少し触れました。

この問題は、今に始まったことではなく、ダンス界に大きな影響をもたらしていました。 ダンスを規制することに反対していた人は、長年沢山いたのです。


今回は、個人的な見解も入れてしまいましたので、見解のずれもあるかもしれませんが、ダンスの規制からどんな影響が出ていたのか、私なりにまとめてみました。

 

警察、政府の懸念

  • 犯罪への懸念

政府、警察は、ダンスを自由にすることからありえる犯罪の可能性を懸念しています。

男女が身をつけることが簡単にできたり、ダンスから関連する犯罪ですね。ダンスをしてはだめとか、規制をするからストレスがたまり、見えないところで犯罪を犯したくなる心理を刺激して、犯罪者が増えると言うことも考えられる気がします。

  • セキュリティー


日本の防犯は驚くほど弱いと感じます。日本は安全であると言う意識があるのかもしれません。
ナイトクラブのセキュリティーが甘くて、セキュリティーの人たちも数少ない上に、威圧感もなく、真剣に取り締まっているのか、ときどき疑問に思うことがあります。

犯罪が止められないのは、ナイトクラブやダンスのせいではなく、こういったセキュリティーの甘さやからなのではないかと、個人的には思います。


ただ、確かにもっと自由な国の海外の犯罪率も高いことは事実ですね。こういった懸念は、当然のことかもしれません。

  • 騒音地域問題


騒音や地域問題も、警察の懸念のようです。

これに関しては、どの地域でも問題視される点でしょう。それに関しては、防音を強化したり、待ちのセキュリティーを強化する等の対応が必要であると思います。


警察の方々が、頑張っていただかなくてはいけないのですが、それでバランスが保てるようになれば良いですね。


ダンスを規制することでグローバル化が遅れるリスク

日本と友好関係を保つ、発展国々では、ダンスは当たり前のように踊られます。レストランやバー、道端であろうが、で音楽が流れれば、人が踊りだし、年齢層など関係なくダンスが始まります。


人が、音を聞けば踊るものだと知っています。そこで、コミュニケーションが生まれたり、信頼関係が生まれたり、国際交流が生まれます。


そういった環境に育っていない、日本の若者は、海外へ留学など行くと、肩身の狭い思いをします。


ダンスを踊れないことも原因の一つで、現地の人と仲良くなれる場であるはずの留学ライフが楽しめず、友達になってくれなかったりするため、留学生同士で固まって、現地との触れ合いが遠ざかってしまいがちになります。


外国人の友人は、日本のナイトクラブ行くと、誰もダンスをしていなくて、健康的な会話の代わりに不快なナンパがあることに非常に驚いていました。


レストランやナイトクラブで、喫煙があったり、他の取締りには甘いのに、どうしてダンスが禁止なのかと言う疑問は、プロのダンサーさんたちの中にもありました。


この時代でありながら、日本のグローバル化の遅れは、言語の遅れの他に、こういった規制も関係しているのかもしれません


規制が穏和されたことで、日本がもっと国際交流できるようになればよいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。