ダンスの種類

 

一言で「社交ダンス」と言っても、種類が沢山あるんです。

 

私は、そんなこと知りませんでした。社交ダンスって、いわゆる、組んで踊るものだと思っていましたし、それこそ、年配の方の娯楽だと思っていました。

 

実際には、ぜんぜん違います!実際は、20代30代の人たちの中でもすごく人気で、40代だと、「もっと早く始めておけばよかった!」なんておっしゃります。私は、30半ばなんですが、10年早く始めておけば良かったなんて思います。

もちろん、60代出始める人もいて、かなり上手に踊れるので、びっくりします。

社交ダンスには種類が沢山合って、競技としては延べ10種類ありますが、それに、ジルバ、ブルース、サルサ、アルゼンチンタンゴと数多くあります。

 

その10種目にも大きく分けて2つの種類があり、腕を組んで踊る、いわゆるフォーマルなスタンダードダンスと、回転が多く入る、ラテンダンスがあります。

そのダンスにもまた、インターナショナルスタイルとアメリカンスタイルがあります。日本では、インターナショナルスタイルが主流ですね。

インターナショナルスタイル

スタンダード

ワルツ (スローワルツ)

タンゴ (コンチネンタルタンゴ)

スローフォックスストロット

クイックステップ

ヴェニーズワルツ (ウィンナワルツ)

ラテン

チャチャチャ

サンバ(インターナショナルサンバ)

ルンバ(キューバンルンバ)

パソドブレ

ジャイブ

日本で踊られてる社交ダンスの種類

このほかにも、競技の種目に含まれないダンスが多数あります。サロンスタイル、クラブスタイル、ストリートスタイルですね。

 

日本で古くから馴染みがあって、全てのダンスの基本となるのが、ブルース ジルバ マンボ スクエアルンバなどがあります。

 

他にも、ラテン系アメリカンダンスの、サルサ、メレンゲ、バチャータ、アルゼンチンタンゴなどがあります。

私が特訓しているのは、競技に使う10ダンスで、インターナショナルスタイルになりますが、入門の時は、この、ブルース ジルバ マンボ スクエアルンバから始めました。

それだけでも、わくわく、どきどきなんですよ!

 

何事も、基本が大切で、今のリーダーさんもそれをよく言っています。今でも時々ブルースを復習します。どの種類にしても、ダンスって本当に楽しいです!道端で音楽を聴けば、身体が勝手に動くんですよ~ 


これが何歳になってもできるなんて、本当に素晴らしいなって思います!

One Comment on “ダンスの種類

  1. ピンバック: ダンスの種類 – 社交ダンスの魅力 Beautiful Dancing Life: Ballroom/Latin

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。